Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

JAWS-UG CLI専門支部 #76 Amazon AppStream 2.0 入門

357 Aufrufe

Veröffentlicht am

JAWS-UG CLI専門支部 #76 Amazon AppStream 2.0 入門

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

JAWS-UG CLI専門支部 #76 Amazon AppStream 2.0 入門

  1. 1. JAWS-UG CLI #76 Amazon AppStream 2.0入門 2017/1/23 Mon Nobuhiro Nakayama
  2. 2. { "name":"Nobuhiro Nakayama", "company":"UCHIDAYOKO CO., LTD.", "favorite aws services":[ "Directory Service", "IAM", "AWS CLI" ], "certifications":[ "AWS Certified Solutions Architect-Professional", "AWS Certified SysOps Administrator-Associate", "AWS Certified DevOps Engineer - Professional", New "Microsoft Certified Solutions Expert Server Infrastructure", "Microsoft Certified Solutions Expert SharePoint", "IPA Network Specialist", "IPA Information Security Specialist" ] }
  3. 3. Amazon AppStream 2.0とは? 2017/1/24 3
  4. 4. Amazon AppStream 2.0 • デスクトップアプリケーションをWebブラウザへストリーミング配信できる マネージドサービス • 概要/特徴 • デスクトップアプリケーション自体はVPC上のインスタンス(以下、Fleet)で動作する • FleetはAWSによってマネジメントされる • ユーザはFleetの設定(サブネット、インスタンスタイプ、インスタンス数など)を管理する • Fleetの作成元になるイメージは、Image Builderを使ってユーザが作成できる • 利用例 • OpenOfficeやEclipseをブラウザで利用する、など 2017/1/24 4
  5. 5. ハンズオン 1. 【事前準備】VPC環境の作成 2. Stackの作成 3. Fleetの作成・起動 4. Streaming URLの作成/動作確認 5. FleetおよびStackの更新 6. FleetおよびStackの削除 7. 【後片付け】VPC環境の削除 2017/1/24 5
  6. 6. ハンズオン 2017/1/24 6 Public subnet Public subnet Private subnet Private subnet Stack Fleet Image AppStream2.0API/StreamingURL
  7. 7. コマンド(1) 作成 • create-fleet • create-stack • create-streaming-url 削除 • delete-fleet • delete-stack • expire-session 2017/1/24 7
  8. 8. コマンド(2) 表示 • describe-fleets • describe-images • describe-sessions • describe-stacks • list-associated-fleets • list-associated-stacks 関連づけ • associate-fleet • disassociate-fleet 2017/1/24 8
  9. 9. コマンド(3) 更新 • update-fleet • update-stack 起動、停止 • start-fleet • stop-fleet 2017/1/24 9
  10. 10. 価格について • 主な要素は以下の通り • インスタンス • インスタンスタイプと稼働時間に比例 • RDS CAL (SAL) • 「ユーザ数」に比例($4.19/User) • ライセンスも持ち込みを可能(要申請?) • 時間割ではないので注意(SPLA・・・) • 無料枠はない 2017/1/24 10
  11. 11. ハンズオン資料を作って思ったこと • Directory Serviceと連携して欲しい • 認証を行う仕組みがないので作る必要がある • データの永続化について • 前回の作業終了時に使用していたデータを継続的に利用できる機能を内包して欲しい • WorkDocsとの連携など? • Fleetの起動が結構遅い・・・ 2017/1/24 11

×