Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

20131116鯖江

1.573 Aufrufe

Veröffentlicht am

オープンガバメントサミット2013の資料です

  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

20131116鯖江

  1. 1. 地方発のオープンデータと ガバナンス 西田亮介@立命館大先端研 ryosukenishida@gmail.com • • 歴史 • • それらがない自治体で、どのように自治体が取り組む理由付けを確保するか? 手法 • • • 鯖江市における住民自身の先駆的な IT 実践とガバナンスへの反映、市民自治 研究開発の促進(地元中小企業が情報化に挑戦する「貯め」と「余裕」の確保) • 中小企業向けの連携施策等の活用? 産業振興 • 観光資源や伝統産品のデジタル・コンテンツ化と e コマース化、英語発信 ガバナンス • オープンデータは基本的に供給側のアプローチ。地方自治体では需要創出と文脈形成の必要 性。住民の便益向上、課題解決等の明確な目的なしに(特に自治体の)持続的介入が困難。 • 「柔軟なガバナンス」: IT の総合力とボテンシャルを引き出すガバナンス設計 • (情報化で知られるようになった鯖江市における情報統計課→情報広報課への改組等)

×