Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

HoloEyes株式会社紹介

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige

Hier ansehen

1 von 14 Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Weitere von Naoji Taniguchi (20)

Aktuellste (20)

Anzeige

HoloEyes株式会社紹介

  1. 1. Holoeyes Inc.
  2. 2. 患者のCTデータから作成
  3. 3. 肝臓がん術前カンファレンス 都立墨東病院
  4. 4. 志賀泌尿器部長 NTT東日本関東病院
  5. 5. 実証実験中の病院 NTT東日本関東病院 都立墨東病院 山王病院
  6. 6. VRで外科手術の 体験を デジタル化
  7. 7. CT/MRI Holoeyes VR Archive Public Archive 症例の論文発表等 3D VR Subscription Free
  8. 8. Public Archive 症例の論文発表等 データ閲覧サービス
  9. 9. なぜこの事業を日本でやるのか?
  10. 10. 0 27.5 55 82.5 110 日本 オーストラリア アメリカ アイスランド デンマーク 韓国 人口100万人あたりCT台数( OECD Health statics ) 日本がダントツ!
  11. 11. Cloud + VR/MR
  12. 12. CEO/CTO 谷口直嗣 3D、VR、ロボットに 精通するテクノロジスト COO 杉本真樹 外科医、 国際医療福祉大学准教授 Biz Dev 新城 健一 AllAbout創業から 上場までプロデューサ ーとして参画。 Medical * Technology * Internet

Hinweis der Redaktion

  • みなさんこんにちは、ホロアイズの谷口と申します。
    ホロアイズはVirtual RealityやMixed Realityを使った医療向けのコミュニケーションサービスを提供します。

    Holoeyes Inc. provides VR and MR based communication service for doctors and hospitals .
  • これは、医療の現場で多く使われるCTスキャンの画像をムービーにしたものです。
    CTスキャンはX線で我々の体を連続的に撮影をします。
    医師はこの様な画像を見て、頭の中で三次元を構築しています。
    何故なら、実際の外科手術は3次元で行われるからです。
    2次元の画像のシーケンスから3次元のイメージを作る、これはなかなか大変なことです。

    This is CT scan data image sequence . CT scan is continuous X Ray image through our body .
    As you know , CT scan is used in almost surgery .
    Doctors have to image 3D structure from this image sequence .
    Because our body is 3D, and surgical procedure is 3D .
  • そこでVirtual Realityの出番です。
    我々は患者のCTデータから個別にVRアプリを作り、臓器や血管、腫瘍の位置関係が立体的に把握できるサービスを提供します。
    ホロアイズのVRアプリは単に立体に見るだけではなく、視線、コントローラーの3次元の動きを記録します。これにより手の動き、どこから見るかという目線など今まで記録から抜け落ちていた情報を記録することができ、さらにそれを自由に別の角度から見ることができます。

    For getting picture of 3D structure and 3D movement of surgical procedure , VR is very useful .
    Holoeyes provides VR application from each patients CT scan or MRI data .
    Holoeyes provides not only presenting 3D structure but also recording 3D movement of gaze and hand , we capture non-verbal informations of surgical procedure .
  • 現在、複数の病院で実証実験をしております。
    例えばこちらは肝臓のガンの術前のカンファレンス、手術前の打ち合わせです。
    黄色いのが腫瘍、今回は白い部分を切除します。ガンの手術ではガンの部分を含めた正常な部分を含めて切除する必要があります。がん細胞を外に出さないようにしなければならないからです。
    枝のように見えるのは血管です。赤が動脈、青が静脈、そして水色が門脈と言って消化管から通じている血管です。このように肝臓の中の血管は非常に複雑な3次元構造をしています。そして血管を切ってしまわないように医師は細心の注意を払う必要があります。
    切るべき血管は処置が必要で、残すべき血管は残します。
    もし間違って血管を切ってしまうと大量出血という事態になります。

    手術の前にベテランの医師が当日執刀をする若手に手技を伝えています。

    We are doing demonstration experiment at several hospitals in Tokyo .
    For example this movie is planning surgical interruption of tumor in Liver .
    Yellow part is tumor . In surgical interruption , doctors have to cut Liver with margin about 10
    millimeter , because not to spread cancer cells in patients body .

    Blue and cyan part is veins . veins in Liver has very complexed 3D structure like trees .
    doctors have to be very careful not to cut veins . By keeping veins , functionality of liver remains .
  • もう一つ実証実験をしているNTT東日本関東病院の志賀医師のコメントです。
    志賀医師はダビンチによるロボット手術を480例以上の経験を持つベテランです。

    He is Dr. Shiga .
    He has a 500 more experience of Da Vinch surgery .
    He says using our VR and MR application , He can tell his 3D images to others .

    And he saying our VR application is good for education .

    By using our VR application , he reduced bleeding and had shorten the time of surgery .
  • 現在2つの病院で実証実験を進めています。
    一つは五反田にあるNTT東日本関東病院、こちらはダビンチの手術を数多く行っています。先ほどの志賀さんが勤務している病院です。もう一つは錦糸町にある都立墨東病院、こちらは最初の肝臓の実証実験をやっている病院です。
    その他にも口腔外科、整形外科の領域でも実証実験を行います。

  • 仕組みをご紹介します。
    我々は病院からCT ScanやMRIのデータを頂き、それを3D VR化します。
    さらに、3D VR空間上のカメラやコントローラーの動き、音声を記録して保存します。
    それに対してチャージをします。
    論文の発表等に使うなど外部に公開の許可を得たデータは無料でクラウドに保存します。
  • 我々は症例の3D VRによるデータを蓄積して、APIを通じて世界中の病院、企業、学校に閲覧サービスを展開します。これにより我々のデータを使ったビジネスのエコシステムが生まれることでしょう。
  • こちらは、OECD Health staticsからの数字で人口100万人あたりのCTスキャンの機材の台数のグラフです。見ての通り日本がダントツです。さらに日本の国民皆保険制度のおかげもあり、ほとんどの人が必要であればCTスキャンの撮影に応じます。日本はCTスキャンデータが大量にあるのです。今までそのデータは治療が終わった後あまり使われることがありませんでした。我々はそれを活用します。
  • Our service are based on cloud .
    We support smartphone , PC, Microsoft HoloLens, and HTC Vive .
    Right device for right place .
  • It’s a tech demo for connecting web and mixed reality by Microsoft HoloLens .
    Listing informations, showing text and 2D image, selecting from list and input text are comfortable to use smart phone .

    For example in this demo , team doctor send URL of case by slack .
    Clicking the link , a QR code for URL is shown .
    Then scanning the QR code by Microsoft HoloLens ,
    Doctors can access 3D data of case .
    And they can bling HoloLens to operation room .

×