Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

難しくない! これから始めようオープンデータ

2016年2月19日北海道、札幌市政策形成みらい会議勉強会

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

難しくない! これから始めようオープンデータ

  1. 1. 難しくない︕ これから始めようオープンデータ 北海道後志総合振興局森林室森林整備課 森林⼟⽊係⻑ 喜多 耕⼀ 北海道・札幌市政策研究みらい会議  勉強会 みらい会議FBより 2016年2月19日
  2. 2. 2 * どうして森林室の職員が オープンデータのことを語って いるかというと・・・
  3. 3. 3 * 政策局のHPより 「北海道のオープンデータを もっと推進したい」を提案
  4. 4. 4 * 提案した理由 地図(GIS)を使って、 ⾃分の仕事に役⽴てたいと思いました。 しかしデータがない。 地図はライセンスがいろいろ難しいんです。 オープンデータというのが あるみたい︕
  5. 5. 5 * 2015年末までの 北海道オープンデータ(試⾏版)のページ 11種類のオープンデータが公開されていた。
  6. 6. 6 * 北海道職員にアンケートを実施(有効回答135名) 問 オープンデータとは何か知っていますか︖ およそ7割の人はよく知らないと回答 問 自治体が持つデータの公表について 8割近くの人が、公開した方がよいと回答 2015年4月29日まで
  7. 7. 7 * データを持つ原課の⽴場で提案することで、 少しでも進むのではないか。 職員にオープンデータというものが、 少しでも普及するのではないか。 そんな思いで職員提案させて いただき、今に⾄ります︕
  8. 8. 8 * オープンデータ とはなにか︖
  9. 9. 9 * オープンデータとは だれでも︕自由に︕ ⼆次利⽤できる データのこと ※⾏政が持つデータで使われることが多い
  10. 10. 10 * ホームページで情報を公開 しているじゃないか︕ ホームページの情報は 自由に使えません︕
  11. 11. 11 * ホームページには著作権を主張する「(c)」 (コピーライト)の表示があります。 (C)マークのあるホームページ情報は、 ⾒ることができるけど、 利⽤することはできない︕ ガクッ
  12. 12. 12 * ホームページで「公開」することと 「オープンデータ」では 何が違うのか︖
  13. 13. 13 * オープンデータの「オープン」は 「公開」ではなく「開放」︕ ※台湾では「オープンデータ」を「開放資料」と訳す。  これは非常に適切︕(by 庄司昌彦氏) 
  14. 14. 14 * オープンデータ
  15. 15. 15 * オープンデータ 「CC-BY」は、 クリエイティブコモンズ というライセンスで、 ⾃由に使っていいですよ という目印︕
  16. 16. 16 * ⾏政の持つデータはだれの ものでしょうか︖ 税⾦を使って作成された情報は、 地域住⺠のもの。 地域住⺠が、誰でも自由に 使えるようにしておくべき。 ※個人情報やほかに権利のあるものは除く
  17. 17. 17 * 日本はオープンデータ憲章 に合意 【オープンバイデフォルト】 ⾏政機関の持つデータは基本的に オープンデータとする︕ オープンガバメント (開かれた⾏政府)
  18. 18. 18 * ⾏政の持つデータ(情報)は、 以前から市⺠のもの。 所有権が変わったわけではない。
  19. 19. 19 * 「オープンバイデフォルト」も、 「オープンガバメント」も、 新しいことではなく、もともと やっていなければならなかった こと。 「きちんとやりましょうね」ということ。
  20. 20. 20 * オープンデータを⾏っている都市数=180都市 ※2016年2月15日現在 http://fukuno.jig.jp/2014/opendatajpodp
  21. 21. 21 * 自治体のオープンデータが 大きく進んだのが、 東日本大震災 2011年3月11日
  22. 22. 22 * 震災後4時間ほどでIT技術者たちが⽴ち上げた、 震災情報を集約できるWebサイト
  23. 23. 23 * 避難所の情報を位置情報付で Webサイトに掲載したい︕ 自治体の公開している避難所情報が オープンデータで無い・・・︕
  24. 24. 24 * 市役所、役場に問い合わせるも、 現地はそれどころじゃない︕︕︕ ※出典︓機関誌「智場」119号 より シビックテックとオープンデータ 関 治之 聞き⼿︓庄司昌彦  よく分からんから 使わないでくれ︕
  25. 25. 25 * ボランティアで避難所データを探し、 自分たちで位置を落とした 生データが あったらなぁ・・・ ※出典︓機関誌「智場」119号 より シビックテックとオープンデータ 関 治之 聞き⼿︓庄司昌彦  Raw Data Now︕ by ティム・バーナーズ=リー(Tim Berners-Lee)   (World Wide Webの考案者) 今、⽣データがほしい︕
  26. 26. 26 * 全国にオープンデータの 流れが広がっていった 何か起こる前にデータを オープンにしておくべき︕
  27. 27. 27 * オープンにするリスク オープンにするリスクよりも、オ ープンにしていなかった時の リスクが重要︕ • データが整理されていない。 • 不確かな情報。 • 変わるかもしれない情報。 オープンデータにしていいのか︖
  28. 28. 28 * 「sinsai.info」のように 市⺠による迅速な対応がされる 可能性が広がる。
  29. 29. 29 * 室蘭市のマスコット「くじらん」 室蘭市は オープンデータを すごく推進している よ︕︕ ぼくの下に⿊いもの が⾒えるって︖ なにもないよ︕︕
  30. 30. 30 * 地図(GIS)の生データをそのまま公開しています。 その取組が、全国的に注目されています。 室蘭市「むろらんオープンデータライブラリ」
  31. 31. 31 * 地番図をオープンデータとして公開して、 各地で評判に︕※ただし精度は保証しない 室蘭市地番図をQGISで表示した地図
  32. 32. 32 * 室蘭市はホームページすべてがオープンデータ︕ つまり、ホームページに載っている情報は 自由に利⽤できる︕すごい︕ もちろん(c)コピーライトの表⽰も無し︕
  33. 33. 33 * 北海道では、室蘭市のほかに、函館市、森町、⼋雲町、旭川市、 そして札幌市がオープンデータに取り組んでいます。 ※2016年2月15日現在
  34. 34. 34 * 北海道は2016年1月8日から オープンデータサイトを本格運⽤
  35. 35. 35 * 250件以上のコンテンツが オープンデータに︕
  36. 36. 36 * 北海道では、 ホームページのデータをそのままの 状態で、まずはオープンにすること を⾏っています。 どのような形であれ、 まずはオープンデータとな っていることが重要︕
  37. 37. 37 * オープンデータは どのように利⽤されるか︖ • 地域課題の解決(シビックテック) • 新規ビジネスの創出 • 災害対応
  38. 38. 38 * ■ アプリに利⽤して地域課題解決︕ 北海道観光客統計データ閲覧くん http://labo.colspan.net/hokkaido_tourism/
  39. 39. 39 *観光客統計データ閲覧くんの元データはExcelファイル
  40. 40. 40 * ■ アプリに利⽤して地域課題解決︕ 【暫定版】ほっかいどう保育園マップ http://2525map.github.io/hkd/
  41. 41. 41 * もともとは「さっぽろ保育園マップ」としてスタート 札幌のデータはオープンデータでは無かった。 市役所からデータの提供を受けて開発 さっぽろ保育園マップ http://papamama.codeforsapporo.org/
  42. 42. 42 * 作者からの要望もあり、 北海道は、保育所のデータをオープンデータで 公開し、保育園マップに使⽤された。 さっぽろ保育園マップに比べて情報は少ない ほっかいどう保育園マップ
  43. 43. 43 * 「GitHub」はプログラムやデータを 共有するwebサイト 保育園マップもGitHubでプログラムを共有し、 全国様々なところで利⽤されています。
  44. 44. 44 * 税⾦はどこへ⾏った︖札幌市版 http://sapporo.spending.jp/
  45. 45. 45 * 5374.jp 札幌市版 http://sapporo.5374.jp/
  46. 46. 46 * ここですこしデータの話し
  47. 47. 47 * オープンデータは 「機械判読できるデータ」が 望ましい 「機械判読できるデータ」とは コンピューターで 簡単に並び替えや抽出、集計など ができるデータのこと
  48. 48. 48 * しかし
  49. 49. 49 * 多くの自治体は、 ホームページではPDFで公開・・・
  50. 50. 50 * ホームページでは印刷することを 考えて、汎⽤性の高いPDFを 選択するのはいいと思います。 オープンデータには なじまない
  51. 51. 51 * 私たちになじみのある ファイル形式 Excelは機械判読可能かといわれれば 微妙ですが・・・
  52. 52. 52 * PDFにする前のファイルを保存し、 オープンデータとして公開すると いいでしょう ちょっと一手間
  53. 53. 53 * Wordや一太郎などのワープロソフト のデータは、機械判読しづらいものです。 これらのデータはオープンデータには 向きません。 ※PDFよりはいいかしれません・・・。
  54. 54. 54 * Wikipediaのメインページ
  55. 55. 55 * DBpedia Japaneseのメインページ Wikipediaの情報を、構造化したデータベースで掲載しています
  56. 56. 56 * 北海道の情報にも、さまざまなリンクが付けられている このリンクから、いろんな情報を取得できる
  57. 57. 57 * 北海道 札幌市 オリンピック 北島三郎 知内町 祭 紅白 初音ミク 知事 高橋はるみ 雪まつり 北方領⼟ ロシア 根室市 「北海道」という情報から様々な情報にリンクできる
  58. 58. 58 * Linkd Opendata
  59. 59. 59 * オープンデータを作る人たちが、 Linkd Opendataを意識してデータ作り を⾏うと、利⽤者は、いろいろなところからデ ータを探す必要がなくなります。 北海道 札幌市 現在は、いろいろな情報を それぞれ入手しなければならない
  60. 60. 60 * Linkd Opendata 札幌市 オリンピック 雪まつり 観光 防災 北海道 リンクをたどって様々な情報を入手できる
  61. 61. 61 * 森町などが利⽤している「LinkData」 Excelなどのデータを簡単にオープンデータに できます。
  62. 62. 62 * ExcelやCSVファイルをRDFという オープンデータに適したファイルに 変換してくれる機能もあります。
  63. 63. 63 * 今お話ししたデータ形式の話しは、 オープンデータがある程度進んだ ときに考えるべき、第2ステップです。
  64. 64. 64 * 今はまず、 自分の職場にあるデータを オープンデータにする︕ ということから始めるべきです。
  65. 65. 65 難しい話しで すみません。。。
  66. 66. 66 * ここからは難しくなく オープンデータをしよう という話し
  67. 67. 67 * 大事なことなのでもう一度言います。 ⾃治体が税⾦で作成した情報は、住⺠のものです。 住⺠が誰でも自由に使えるようにする責任が ⾃治体にはあります。 これは新しいことではなく、本来なら今までも⾏ っておくべきことだったのですが、 オープンにはしていませんでした。
  68. 68. 68 * いままで⾏っていなかったことを やろうとすると抵抗があるのも事実 きちんと精査されていない 正確じゃないかもしれない情報 悪⽤されたらどうするのか︖
  69. 69. 69 * すでにホームページに公開している情報であれば、 「ホームページだから正確でなくてもいい」 とはなりません。 オープンデータは、自由に利⽤できるというだけ。 ホームページで許容している誤差なら、 オープンデータでも許容して良いはずです OK!
  70. 70. 70 * 悪⽤されたら・・・ と言う心配もごもっともですが、 悪⽤する人は、利⽤できないホームページの情報 でも悪⽤します。 オープンデータでは利⽤規約に公開者の 責務に関して記載がきちんとしてあります。 (ホームページでは無い場合がある) 悪⽤した人は法律で裁かれます。
  71. 71. 71 * 北海道が今進めているのは、 「ホームページにある情報を オープンデータにしよう︕」 ということです。 ホームページの情報は 利⽤しても構わない情報がほとんどだ と思われます。 ※⼀部写真や地図や画像など、第三者が権利を持つもの以外
  72. 72. 72 * オープンデータ化が簡単なのは 自分の職場の「ホームページの情報」を オープンデータ化することです。 ホームページ自体 オープンデータにするの が一番簡単でしょう︕ CC-BYマークをつける だけ︕
  73. 73. 73 * オープンデータを⾒える化 するとき、地図を使うことが多いです 出典︓地理院地図
  74. 74. 74 * 皆さんは仕事でどんな 地図を使っていますか︖
  75. 75. 75 * GoogleMap︖
  76. 76. 76 * Yahoo地図︖
  77. 77. 77 * GoogleEarth︖
  78. 78. 78 * Web地図をこんな 使い⽅していませんか︖
  79. 79. 79 * アクセスマップ ホームページにキャプチャ画像を貼り付けて アクセスマップに利⽤(このHPは架空のものです)
  80. 80. 80 * 看板に印刷して位置図として利⽤ (この写真は、はめ込み合成した架空の写真です)
  81. 81. 81 * 居酒屋 オープン 事務所 居酒屋 オープン 19:00〜 飲み放題3,000円 予約名︓喜多 飲み会の案内図を作成し配布 (この地図と居酒屋は架空のものです)
  82. 82. 82 * このようなGooglemapや Yahoo地図などの利⽤は、 すべて利⽤規約違反です︕︕ エエッ〜︕︖
  83. 83. 83 * 印刷ボタンはついていますが、印刷して使え るのは個人利⽤の範囲内です。
  84. 84. 84 * 利⽤規約違反は、 著作権の侵害となります ので注意が必要です︕︕ アプリの背景地図にGoogleMapを使うことは できますが、印刷することはできません。
  85. 85. 85 * 私たちが仕事で使える 地図は何があるでしょうか︖
  86. 86. 86 * Web地図の「地理院地図」 出典明⽰だけで基本的には自由に使⽤することが できます。 出典︓地理院地図
  87. 87. 87 * しかし、使⽤⽤途によっては、測量法の申請が必要に なりますので注意が必要です。 出典︓地理院地図
  88. 88. 88 * もっと自由な地図は ないのか︖ あるよ︕
  89. 89. 89 * OpenStreetMap
  90. 90. 90 * OpenStreetMap 地図のWikipediaといわれているもので、 世界中のユーザーが編集している 地図です。
  91. 91. 91 * 出典を明⽰するだけで、自由に利⽤することが できます。 OpenStreetMap Contributors. CC BY-SA 2.0
  92. 92. 92 * OpenStreetMapのライセンスは、 CC-BY-SA 出展明⽰と ライセンスの継承が条件 オープンデータと同じライセンスを持つ 地図がOpenStreetMap
  93. 93. 93 * つまり みんなで作る地図の オープンデータ
  94. 94. 94 * 書き込まれている地域 書き込まれていない地域 みんなで作る地図ですので、書き込んでいる地域と書き込 まれていない地域があります。 必要ならばかきこめばいいんです。 地図書きは、誰でも参加できます。
  95. 95. 95 * 上ノ国町のGoogleMapとOpenStreetMapとの比較 OpenStreetMapの方が書き込まれていて建物などが詳しい
  96. 96. 96 * 倶知安町のGoogleMapとOpenStreetMapとの比較 OpenStreetMapの方が書き込まれていて建物などが詳しい
  97. 97. 97 * 大阪府の富⽥林市は、 地形図をオープンデータにして、 OpenStreetMapに投入しました オープンデータに した地形図 道路や建物データ OpenStreetMap Contributors. CC BY-SA 2.0 市役所で使う背景図はほとんどOpenStreetMapを使える こととなり、地図の購⼊、更新料が削減される また、様々な情報を統合することができ、市⺠と市役所 が同じ地図を利⽤することができる
  98. 98. 98 * 避難所情報を自分で入⼒し、避難地図を作る。 タグで様々な情報を地図に付加できる OpenStreetMapで作った情報を、 スマホアプリで表⽰し、 ルート検索なども⾏えます。 地図アプリ「MAPS.ME」
  99. 99. 99 * 公共データを オープンデータに︕ OpenStreetMap などと連携 ⾃分たちで オープンデータを 作る 地域課題解決 地図を利⽤ 情報を利⽤ 自治体など 市⺠とか オープンデータ提供 OpenStreetMapを使うと、 オープンデータの利⽤が進む︕かも
  100. 100. 100 * 大きな市以外、今後人口減少が進み、 過疎化がいっそう加速する︕ 2040年に人⼝がどれくらい減るか表した地図 対2010年の割合(国⽴社会保障・人⼝問題研究所のデータ) 赤い部分は50%以上人⼝が減少する地域
  101. 101. 101 * 地域の⽅々は、いろいろな手法で 地域活性化させようと がんばっています︕ オープンデータが、 一つの手助けになれば いいなと思っています。
  102. 102. 102 * 自治体職員としては オープンデータは情報を ⾒直すいい機会です。 正しくなかったデータ 利⽤しづらいデータ 今まで公開していかなかったデータ ⾒直して、オープンデータに してみてはいかがでしょうか︕
  103. 103. 103 * ありがとうございました 終 ※このスライドは、後で「Slide Share」  というサイトでシェアします。 ↓だってオープンデータですから︕ 皆さんもオープンデータに 取り組んでみてください︕ 難しくありませんよ。

×