Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

HCDの教育をHCDで考えた話

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Nächste SlideShare
人間中心設計とは
人間中心設計とは
Wird geladen in …3
×

Hier ansehen

1 von 29 Anzeige

HCDの教育をHCDで考えた話

Herunterladen, um offline zu lesen

JTF2016でお話したときに使った資料です.Human Centered Designの考え方,UXとは何か,これらの概念を組織に展開させるために必要なアクションは何か,など,お話しました.社員教育でボトムアップに展開するための施策について議論した結果を「巻物」として展開しています.

JTF2016でお話したときに使った資料です.Human Centered Designの考え方,UXとは何か,これらの概念を組織に展開させるために必要なアクションは何か,など,お話しました.社員教育でボトムアップに展開するための施策について議論した結果を「巻物」として展開しています.

Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Ähnlich wie HCDの教育をHCDで考えた話 (20)

Anzeige

Weitere von Jun Iio (20)

Aktuellste (20)

Anzeige

HCDの教育をHCDで考えた話

  1. 1. HCDの教育を HCDで考えた話 July Tech Festa 2016 中央大学 飯尾淳
  2. 2. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 2 自己紹介 ● 中央大学 文学部 社会情報学専攻 教授 飯尾 淳(いいお じゅん) – 経歴:1994年から,株式会社三菱総合研究所に19 年勤務.同社 主席研究員を経て,2013年,中央大 学文学部社会情報学専攻准教授,2014年から現職 – 2009年から東京農工大学客員准教授を兼務 ● 博士(工学),技術士(情報工学部門) ● HCD-Net認定 人間中心設計専門家 ● 専門分野 – ソフトウェア工学,画像処理,オープンソースソフ トウェア,ユーザインタフェース,情報教育,等
  3. 3. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 3 HCDって何? ● Human Centered Design – 「人間中心設計」 – UCD(User Centered Design)とも – 「ユーザー中心設計」 ● 利用者の立場で設計するという考え方
  4. 4. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 4 システムやサービスを利用していて… イラッとしたことありませんか? なぜ人間中心設計が必要なのか
  5. 5. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 5 人間中心設計に至る長い道のり ● 〜1980年代:コンピュータやシステムは専門 家(エキスパート)のみが使う時代 – 使いやすさの考慮 … 無用 ● 〜1990年代:一般人にもコンピュータ,シス テムやサービスが開放された時代 – 使いやすさの考慮 … 必要,ただし未整備 ● 〜現在:コンピュータ,システム,サービスの 利用が当たり前の時代 – 使いやすさの考慮 … 必須!
  6. 6. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 6 HCDが先行している領域 ● 電子商取引 – Amazon, 楽天, Yahoo!ショッピング, etc… ● Webサービス – 各種のインターネット企業 – 既存企業のインターネットサービス ● 今後は金融業界も?(Fintechなどで) ● 一般消費者向けハードウェア – 家電製品 – ATM,券売機,自動販売機,etc… インフラ系は 関係ない? … そんなことないよ
  7. 7. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 7 HCDで考えるメリット ● 競争相手に勝つ! – (消費者向けサービス提供者の場合) ● システム操作者・サービス受給者に満足感を与 える ● システムの操作エラーやサービス処理のエラー を回避できる – 手戻りの負担を軽減できる – とんでもないリスクを回避できる
  8. 8. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 8 「あれっ?」体験
  9. 9. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 9 焼き牡蠣の楽しさ
  10. 10. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 10 UX:User eXperience ● User eXperience = ユーザ体験(直訳) – カスタマー・エクスペリエンス,とも ● 単なるUIの拡張ではない ● 基本的な考え方: – 製品やサービスを利用して感情の変化を起こす(満 足感を得るなど)ために,何をすべきか ● 例:Macを購入して最初に電源を入れたときの,ドキド キ,ワクワク感 システムや サービスとの 出会い 知覚・認知の 流れと解釈 感情の変化
  11. 11. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 11 UXと時間の流れ ● 予期的UX anticipated UX – 初めての利用よりも前の経験,想像 ● 一時的UX momentary UX – インタラクションの最中に感じる感情の変化 ● エピソード的UX episodic UX – ある特定の利用期間に関するエピソード的な評価 ● 累積的UX(長期的UX)cumulative UX – システムやサービスを一定期間利用した後での評価
  12. 12. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 12 UXのステージ 一時的UX エピソード的UX 累積的UX利用開始 予期的 UX あの製品は 面白いと 評判だよ この機能が とっても 使いやすい これを使って 〇〇を実現で きた.嬉しい 〇〇社の製品 は使いやすい し信頼できる 次回も この製品を 使おう…
  13. 13. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 13 UXDとUCD(HCD) ● UXD … User eXperience Design – UXを設計すること – サービスのあり方やシステムの提供方法,広告宣伝 手法,マーケティング方法,あらゆる関連項目をデ ザイン(予期的UXを思い出してください!) – 人間を熟知していなければならない? ● UCD(HCD) – ユーザーを巻き込んだシステム(サービス)設計 – 国際規格アリ – さまざまな手法・ツール・道具アリ
  14. 14. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 14 人間中心設計とは ● システムを利用する人間の立場を中心に設計 – ISO9241-210(旧ISO13407)で標準化 人間中心設計の 必要性の特定 要求事項に対する 設計の評価 システムが特定の ユーザ及び組織の 要求事項を満足 利用の状況の 把握と明示 設計による 解決策の作成 ユーザと組織の 要求事項の明示 必要に応じて 適宜繰り返す
  15. 15. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 15 HCDのさまざまな手法 出典:仙頭, 清, 清水, 大橋, 飯尾, "顧客起点の調査業務・コンサル ティング業務に役立つユーザビリティテスト手法の検討," 三菱総合 研究所所報, No. 56, pp. 134-144, (2013.1)(引用のうえ追記) 世の中には数多くの ユーザビリティテスト手法が 存在する! ISO9241-210の各段階で適用
  16. 16. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 16 HCDになっていない例 ● 典型的な「システム 中心設計」 ● 個々の解は,システ ム設計者の都合では 最適解 – 「合成の誤謬」の一種 ● (経済学の用語です) 出典:飯尾, 清水, "人間中心設計:1. なぜ使いにくい 情報システムが生まれるのか?," 情報処理, Vol.54, No. 1, pp. 4-9, 2013.
  17. 17. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 17 合成の誤謬に気をつけたい Microsoft Word(ツールバーてんこ盛り) 出典:上条, "「使える、使いやすい、使いたい」 と思えるUIとは?," @IT, 2006.8.31. ウェンガー,ジャイアントナイフ, 216,000円(税込) 出典:http://wenger.co.jp/products/knives/ shosai.html?no=31
  18. 18. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 18 UXやHCDの考え方を 取り入れていますか? 皆さんの組織は大丈夫?
  19. 19. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 19 HCD-Net
  20. 20. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 20 教育プログラムWG
  21. 21. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 21 やったこと ● 参加メンバからHCD 教育事例を収集 ● 教育事例の類型化 ● 教育対象者の明示 → ペルソナ作成 ● 各ペルソナに対する UXマップ作成 ● UXマップからアク ションプランの抽出 ● レビューとブラッ シュアップ
  22. 22. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 22 教育対象者ペルソナ
  23. 23. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 23 受講者モデル(ペルソナ)の分類
  24. 24. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 24 UXマップの作成(ペルソナ毎)
  25. 25. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 25 アクションプランの抽出とレビュー ● 教育施策(アクションプラン)の抽出 – UXマップで提案されたアクション案から – 数回の議論とメンバによる投票で抽出 ● レビュー – HCD研究発表会(2015年2月)のポスターセッ ションにて,レビュー依頼(約60名参加) – HCDに力を入れている各社の教育担当者に協力を 依頼し,インタビュー調査(6社) ● 案を提示して忌憚のない意見を集約
  26. 26. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 26 レビュー風景
  27. 27. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 27 成果(巻物) 注:教育施策であり,カリキュラムではありません
  28. 28. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 28 成果発表の様子
  29. 29. July Tech Festa 2016 Copyright © Jun Iio 29 まとめ ● HCDの考え方,UXの概念について説明した ● HCD-Netの教育プログラムWGでは,組織に HCDを浸透させるための施策を検討した ● 検討方法はHCDのプロセスに倣い,事例集週 →ペルソナ作成→UXマップ作成→アクション 抽出→レビュー評価,という手順で実施した ● 成果「巻物」は,現在,公開準備中 – A3用紙2枚に分割したコンパクト版があります – 欲しい方がいらっしゃいましたら,個別にご連絡く ださい

×