Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

ルービックキューブWCA公式大会を開くには

407 Aufrufe

Veröffentlicht am

as of 2019 Mar 31

Veröffentlicht in: Sport
  • To get professional research papers you must go for experts like ⇒ www.HelpWriting.net ⇐
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • I have always found it hard to meet the requirements of being a student. Ever since my years of high school, I really have no idea what professors are looking for to give good grades. After some google searching, I found this service ⇒ www.HelpWriting.net ⇐ who helped me write my research paper.
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

ルービックキューブWCA公式大会を開くには

  1. 1. WCA公式大会を開催するには 2019年 3月 31日 WCA candidate delegate大村周平
  2. 2. このスライドのねらい • 住んでいる地域ではほとんど大会が開かれず、 中心地の東京や大阪は遠すぎる • 好きな種目がなかなか開催されない。 ならいっそのこと自分で企画してみよう • 地元コミュニティがだんだんと大きくなってきたので、 そろそろ大会をやってみたい まずは大会開催のイメージをつかもう ※ここに載っていない要素もたくさんあります。あくまでさわりだけ… 動機はなんでもOK
  3. 3. まずは企画持ち込み
  4. 4. JRCAに連絡して、担当Delegateと日程を決める 大会をやりたいです。 企画はこんな感じ、場所はxxxx、 人数は30人くらいになります スケジュール調整しましょう。 x月x日ならDelegateの●●と●●が 担当できますが、いかがでしょう? x月x日は会場が空いていないので、 代わりにx日では? OKです 企画者 JRCA
  5. 5. 絶対に確保するべきものは2つ 会場 地域を拠点に継続活動しているコミュニティがあれば大丈夫 日頃からSNSで活動を発信していると話が進みやすい 人
  6. 6. コミュニティとメンバーに求めること コミュニティ 今後も継続して活動する予定があり、 大会を通じてさらに規模を拡大していきたいと 思っている リーダー 大学生以上 1~2回程度のWCA大会参加経験 Excelを含むPC処理能力 こまめに連絡がつく 1日に1時間程度を大会準備に割ける 実行委員 コミュニティに継続的に参加しており、 リーダーに協力する人が複数名いる
  7. 7. 具体的な企画
  8. 8. 大会の要素 日程 土日祝日を基本とする。 WCA申請期限の大会4週間前には 基本的な企画準備が終わっているように Delegate Delegate不在だと公式大会にならない。 メイン+サブの2人体制が理想 コンセプト ゆるい制限タイムで初心者向け すべて1ラウンドのみの記録会 …など 競技種目 3x3x3を基本とし、需要に応じて設定 経験が浅い場合は余裕を持って欲張らずに
  9. 9. 会場 定員 会場の大きさによって、大会参加人数の 上限が決まる。 競技スペースの他にスクランブル所や 観客席の机/椅子などを考慮すると、 例えば定員が100人の部屋でも 開催できる大会定員は60名程度。 アクセス 公共交通機関を使いアクセスが良いこと 遠方の場合は宿泊の可否 使用費 値段の安い公民館、教育施設が好ましい
  10. 10. 競技ラウンド数 参加人数によって、開催できるラウンド数の上限が決まる 複数ラウンドの場合、一回戦終了後に集計と記録用紙印刷が必要なので 当日の慌ただしさは増す 決勝 一回戦 一回戦 一回戦 準決勝 二回戦決勝 決勝 準決勝 決勝 7人以下 8-15人 16-99人 100人以上
  11. 11. 備品 タイマー、ディスプレイはJRCAの所有物を貸し出す 事前郵送や車での運搬など、詳しくは応相談 主催者側で用意してほしいもの(JRCA備品の利用も可能) • PC • プリンタ • インターネット環境 (私物回線のテザリングでも可) • 紙、テープなどの事務用品
  12. 12. 予算イメージ ・会場費(20,000~100,000円程度) ・スタッフ交通費(1人5,000円×10人=50,000円程度) ・備品購入費(10,000円程度) ・備品運搬費(5,000円程度) ・WCA納入金(50円×参加者100人=5,000円程度) 計 10万~20万円程度 これをペイするように人数あたりの参加費を考える。 仮に10%当日キャンセルが発生しても赤字にならない程度が理想 営利活動とみなされないために,収支は基本±0(少しだけ黒字)
  13. 13. スケジュール 大会 後処理2週間前1ヶ月前2ヶ月前3ヶ月前 JRCAに相談 企画づくり WCA申請 申し込み開始 申し込み終了 当日進行表 グループ分け 案内メール 印刷物 1週間前 WCA報告 レポート作成
  14. 14. 都心以外での開催のために
  15. 15. 大会経験が浅い地域へのアドバイス まずは地元でコミュニティを立ち上げ、 多くの人がキューブを楽しむ土壌を作りましょう SNSで日頃から発信し、活動実績をアピールしましょう はじめての企画ではラウンド数を少なくし、堅実な企画をおすすめします 複数ラウンドを行うには当日の集計、印刷作業が発生し慌ただしくなるので 例えば3x3x3のみ一回戦+決勝とし、その他種目は決勝のみが安全です 大会を開くことでさらにコミュニティが拡大すれば、 以降の継続的な開催、コミュニティからのDelegate誕生などもありえます
  16. 16. まずはWCA規約を読んでみましょう 英語の原典 日本語訳 https://jrca.cc/wca-regulation/
  17. 17. WCA delegateにご連絡ください https://www.worldcubeassociation.org/delegates アイコンをクリックすると Delegate宛にメールを送れます

×