Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
異なるブロックチェーンの安全な連携技術
~コネクションチェーン~
2019年6月27日
株式会社富士通研究所
セキュリティ研究所 IDトラストPJ
シニアリサーチャ...
富士通が描くブロックチェーンによる社会の将来像
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
複
数
事
業
者
連
携
現状
サステナブル社会の実現組織のバーチャル化
プログラマブルエコノミー
スマートコント...
富士通のブロックチェーン間連携技術
 コネクションチェーン
 2017年11月 プレスリリース (http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/11/15.html)
 異なるブロックチェーン同士を安全につなげるセ...
処理ルール / 取引証跡
(WorldState)
コネクションチェーンの仕組み
Copyright 2018 FUJITSU LABORATORIES LTD
連携
ノード
連携
ノード
拡張スマート
コントラクト
BC
Controller...
ユースケース1:仮想通貨交換サービス
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
異なるBCへの
代金支払い
サービスの提供
仮想通貨A 仮想通貨B
取引所1
取引所2
手数料:なし
A  B: x1.2
...
コネクションチェーンが実現する仮想通貨の交換
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
取引所1 取引所2
手数料や交換レートで競争
拡張スマートコントラクト
地域通貨Aを預託し
通貨Bでの支払いを依頼
地...
仮想通貨の交換(エラー処理)
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
取引所1 取引所2
手数料や交換レートで競争
地域通貨Aを預託し
通貨Bでの支払いを依頼
地域通貨Bの送金を監視
地域通貨Aを返金
地...
仮想通貨交換所:一般ユーザ向けUIの送金操作画面
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
STEP1:
送金元BC,口座選択
STEP2:
送金先BC,口座選択
STEP3:
交換ルール選択
(交換所が異...
仮想通貨交換所:管理者UIの運用モニター画面
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
花子さんの残高@通貨A 書店の残高@通貨B決済口座@通貨A 供給口座@通貨B
書店への支払いが成立
しなかったので、返...
仮想通貨交換所:資産移転トランザクションの例
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
移転元
(地域通貨A)
の取引
移転先
(地域通貨B)
の取引
取引の
発生時刻
取引失敗の場合には、資産復元
のトラ...
仮想通貨交換所:スマートコントラクトのカスタマイズ
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
スマートコントラクトの処理ロジック スマートコントラクトのパラメタ
変換ルールのパラメタ
パラメタ名 説明
コン...
ユースケース2:データマーケット
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
仮想通貨BC オープンデータBC
オープンデータ
提供者
オープンデータ
利用者
利用申し込み代金の預託
利用
検出
代金の
決済...
データ利用に応じた課金:試作システムのモニタ画面
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD
利用申し込み
拡張スマートコントラクトが
自動で起動された
12
まとめ
 今後ブロックチェーンの用途が拡がるにつれ異種ブロック
チェーン連携へのニーズが高まることが予想される
 仮想通貨に限らず、異なる種類のブロックチェーン同士で
あっても安全な連携を可能にする「コネクションチェーン」
 コネクション...
Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD14
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

異なるブロックチェーンの安全な連携技術~コネクションチェーン~

184 Aufrufe

Veröffentlicht am

「異なるブロックチェーンの安全な連携技術~コネクションチェーン~」
講演者:株式会社富士通研究所 藤本 真吾 氏
6月27日開催 Hyperledger Tokyo Meetup にて講演

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

異なるブロックチェーンの安全な連携技術~コネクションチェーン~

  1. 1. Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 異なるブロックチェーンの安全な連携技術 ~コネクションチェーン~ 2019年6月27日 株式会社富士通研究所 セキュリティ研究所 IDトラストPJ シニアリサーチャー 藤本 真吾 0 Hyperledger Tokyo Meetup on June 2019
  2. 2. 富士通が描くブロックチェーンによる社会の将来像 Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 複 数 事 業 者 連 携 現状 サステナブル社会の実現組織のバーチャル化 プログラマブルエコノミー スマートコントラクト (企業活動の自動化)・ポイント/通貨へのプログラム埋め込み ・現金の役割の縮小 ・監査のリアルタイム化 ・企業の信頼性向上 取引の透明性 ・データ共有による効率化 ・AIによる予測の共有 ・一個人のアイデアや作業 の証跡化と権利の流動化 ・個人の諸権利の可視化 ・国家や金融システムから 漏れてきた人々への対応 仮想通貨/ 金融実証実験 スマートコントラクトによる契約の自動化・高度化 クロスインダストリー サプライチェーン 企業内情報のオープン化 複数事業者連携と、スマートコントラクトによる契約の自動化・高度化には、 異なるブロックチェーンの連携が不可欠 1
  3. 3. 富士通のブロックチェーン間連携技術  コネクションチェーン  2017年11月 プレスリリース (http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/11/15.html)  異なるブロックチェーン同士を安全につなげるセキュリティ技術  仮想通貨間の交換や、企業間でのデータ取引(商流)と支払い(金流)を つなげる仕組みとして活用可能 Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD コネクションチェーンのユースケース:仮想通貨交換サービス ブロックチェーン間連携動作時に問題となる手続きの透明性確保と、 取引間の同期を取るために必要な一次保留などを自動化する技術 2
  4. 4. 処理ルール / 取引証跡 (WorldState) コネクションチェーンの仕組み Copyright 2018 FUJITSU LABORATORIES LTD 連携 ノード 連携 ノード 拡張スマート コントラクト BC Controller BC Controller 取引 取引 ブロックデータ ブロックデータ 一般ユーザの 発行した取引 として処理 承認された取引 をブロックデータ から取り込む 連携先BCの取引 結果を根拠にした スマートコントラクト実行 連携先ブロックチェーン-1 連携先ブロックチェーン-2 ConnectionChain ™ 連携ノードを介した取引の発行やモニタリングで非中央集権型の連携を実現 3
  5. 5. ユースケース1:仮想通貨交換サービス Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 異なるBCへの 代金支払い サービスの提供 仮想通貨A 仮想通貨B 取引所1 取引所2 手数料:なし A  B: x1.2 手数料:100 A  B: x1.3送金を確認したいが たくさんの仮想通貨 口座を持つのはイヤ 地域通貨Aを持つ花子さん 地域通貨Bでのみ 決済可能なX書店 別仮想通貨の発行を受けずに保有する仮想通貨を使ってサービスの提供をうける 4
  6. 6. コネクションチェーンが実現する仮想通貨の交換 Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 取引所1 取引所2 手数料や交換レートで競争 拡張スマートコントラクト 地域通貨Aを預託し 通貨Bでの支払いを依頼 地域通貨Bの送金を監視 サービスの提供 (ブロックチェーンの外部) 地域通貨Bの 送金を依頼 地域通貨Bの 送金(代金支払い) 地域通貨A の送金(決済) 地域通貨Aを持つ花子さん 地域通貨Bでのみ 決済可能なX書店 仮想通貨取引業者 (パートナ) 手数料:なし A  B: x1.2 手数料:100 A  B: x1.3 花子さんは地域通貨Bの口座を持つことなくX書店への支払いが可能 5
  7. 7. 仮想通貨の交換(エラー処理) Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 取引所1 取引所2 手数料や交換レートで競争 地域通貨Aを預託し 通貨Bでの支払いを依頼 地域通貨Bの送金を監視 地域通貨Aを返金 地域通貨Bの 送金を依頼 地域通貨Bの 送金(代金支払い) 地域通貨A の送金(決済) 地域通貨Aを持つ花子さん 地域通貨Bでのみ 決済可能なX書店 仮想通貨取引業者 (パートナ) 手数料:なし A  B: x1.2 手数料:100 A  B: x1.3 送金失敗などのエラー発生時には預託中資産が自動で返金される 送信失敗 拡張スマートコントラクト 6
  8. 8. 仮想通貨交換所:一般ユーザ向けUIの送金操作画面 Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD STEP1: 送金元BC,口座選択 STEP2: 送金先BC,口座選択 STEP3: 交換ルール選択 (交換所が異なる) 7
  9. 9. 仮想通貨交換所:管理者UIの運用モニター画面 Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 花子さんの残高@通貨A 書店の残高@通貨B決済口座@通貨A 供給口座@通貨B 書店への支払いが成立 しなかったので、返金 処理が実行された 8
  10. 10. 仮想通貨交換所:資産移転トランザクションの例 Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 移転元 (地域通貨A) の取引 移転先 (地域通貨B) の取引 取引の 発生時刻 取引失敗の場合には、資産復元 のトランザクションが実行される 花子さんの口座ID 移転する量 X書店の口座ID 送金取引ID 支払い取引ID 成功した資産移転 トランザクションの詳細 失敗した資産移転 トランザクションの詳細 9
  11. 11. 仮想通貨交換所:スマートコントラクトのカスタマイズ Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD スマートコントラクトの処理ロジック スマートコントラクトのパラメタ 変換ルールのパラメタ パラメタ名 説明 コントラクトID 一連の取引を紐づけるID 依頼人 コネクションチェーンでのユーザID 移転元口座 移転元口座(地域通貨Aでの花子さん口座) 移転先口座 移転先口座(地域通貨BでのX書店口座) 移転金額 契約成立時に決済される地域通貨Aの資産量 移転ルールID 取引所Aでの変換レート、手数料、決済口座を選択 パラメタ名 説明 移転ルールID スマートコントラクトから参照されるID 移転元チェーン 移転元の資産を管理するブロックチェーン 移転先チェーン 移転先の資産を管理するブロックチェーン 変換レート 通貨の変換時に適用される変換レート倍率 手数料 通貨量に関わらず適用される手数料 決済口座 料金支払いに使われる仮想通貨Aでの決済口座 プール口座 ユーザへ資産を払い出す仮想通貨Bでの口座 (2) 地域通貨Aの花子さん口座から預託口座へ資産移転依頼 (3) ブロックデータの通知 (5) 決済可否の問い合わせ (6) X書店口座での契約の履行が可能か判断 (OKならば(7)以降を実行) (7) プール口座からX書店口座への資産移転依頼 (8) ブロックデータの通知 (10) 預託口座から取引所Aの決済口座への決済 (9) ブロック検証後、該当するTxを抽出、預託中資産の決済開始 (11) ブロックデータの通知 (12) ブロック検証後に対応するTxでの決済取引完了を確認 (4) ブロック検証後、該当するTxを抽出、変換レート/手数料を 適用し移転開始 (1) 移転トランザクションを作成 ※起動時に指定したパラメタ(青)と変換ルールのパラメタ(赤)でスマートコントラクトの動作をカスタマイズ 10
  12. 12. ユースケース2:データマーケット Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 仮想通貨BC オープンデータBC オープンデータ 提供者 オープンデータ 利用者 利用申し込み代金の預託 利用 検出 代金の 決済 拡張スマート コントラクト 代金の 受け取り 現金支払いの感覚で有償オープンデータを利用する データは使いたいけど 会員登録するのはイヤ 11
  13. 13. データ利用に応じた課金:試作システムのモニタ画面 Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD 利用申し込み 拡張スマートコントラクトが 自動で起動された 12
  14. 14. まとめ  今後ブロックチェーンの用途が拡がるにつれ異種ブロック チェーン連携へのニーズが高まることが予想される  仮想通貨に限らず、異なる種類のブロックチェーン同士で あっても安全な連携を可能にする「コネクションチェーン」  コネクションチェーンでは、ブロックチェーンが提供する安 全性をそのまま活かし、ブロックチェーンを跨る連携処理の 自動実行(スマートコントラクトの拡張)と証跡記録を実現 Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD13
  15. 15. Copyright 2019 FUJITSU LABORATORIES LTD14

×