Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Summer15新機能webinar

1.457 Aufrufe

Veröffentlicht am

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

Summer15新機能webinar

  1. 1. #Summer15JP Summer ‘15 開発者向け新機能Webinar 2015年5月
  2. 2. #Summer15JP Speakers Mitsuhiro Okamoto Developer Programs Manager mokamoto@salesforce.com
  3. 3. #Summer15JP Safe Harbor Safe harbor statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: This presentation may contain forward-looking statements that involve risks, uncertainties, and assumptions. If any such uncertainties materialize or if any of the assumptions proves incorrect, the results of salesforce.com, inc. could differ materially from the results expressed or implied by the forward-looking statements we make. All statements other than statements of historical fact could be deemed forward-looking, including any projections of product or service availability, subscriber growth, earnings, revenues, or other financial items and any statements regarding strategies or plans of management for future operations, statements of belief, any statements concerning new, planned, or upgraded services or technology developments and customer contracts or use of our services. The risks and uncertainties referred to above include – but are not limited to – risks associated with developing and delivering new functionality for our service, new products and services, our new business model, our past operating losses, possible fluctuations in our operating results and rate of growth, interruptions or delays in our Web hosting, breach of our security measures, the outcome of intellectual property and other litigation, risks associated with possible mergers and acquisitions, the immature market in which we operate, our relatively limited operating history, our ability to expand, retain, and motivate our employees and manage our growth, new releases of our service and successful customer deployment, our limited history reselling non-salesforce.com products, and utilization and selling to larger enterprise customers. Further information on potential factors that could affect the financial results of salesforce.com, inc. is included in our annual report on Form 10-Q for the most recent fiscal quarter ended July 31, 2015. This documents and others containing important disclosures are available on the SEC Filings section of the Investor Information section of our Web site. Any unreleased services or features referenced in this or other presentations, press releases or public statements are not currently available and may not be delivered on time or at all. Customers who purchase our services should make the purchase decisions based upon features that are currently available. Salesforce.com, inc. assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements.
  4. 4. #Summer15JP ソーシャルアカウントをフォローください @salesforcedevjp / #salesforcedevjp Salesforce Developers Japan +Salesforce Developers Japan Developer Force Japan Developer Force Group 録画ビデオはYoutube及びWebinar 詳細ページにて公開されます (参加登録URLと同じです) 本Webinarは録画されています
  5. 5. #Summer15JP 質問がある場合には? §  質問は最後まで待つ必要はありません! –  Questionの機能を使って質問をして下さい。 可能な場合は別のスタッフが質問について解答します。 すぐに解答出来ない場合は、後ほどスピーカーが解答します §  ライブQ&Aを最後に行います –  時間の許す限り、Webinarの最後にQ & Aの時間を設けます §  開発者フォーラムを活用しましょう –  よりたくさんの質問がある場合は?こちらをご利用下さい http://developer.salesforce.com/jp/forums
  6. 6. #Summer15JP アジェンダ 1.  ユーザ・インタフェース 2.  Apex 3.  Bigデータ/分析 4.  インテグレーション及びAPIs 5.  セキュリティとアイデンティティ
  7. 7. #Summer15JP Lightning アプリケーションビルダー - GA ドラッグ & ドロップ 標準、カスタム 及びパートナーの Lightning コンポーネント あらゆるモバイル デバイス 1つのキャンバスで、全 ての画面をデザイン アプリ開発をより早く
  8. 8. #Summer15JP Salesforce1モバイル
  9. 9. #Summer15JP アプリケーション内におけるアプリとは? Lightning ページLightning コンポーネント グローバルアクション
  10. 10. #Summer15JP レスポンシブデザイン ▪  1つのLightningページを複 数のデバイスへ ▪  テンプレートでレイアウ トが変更された際の再配 置の動作を定義 ▪  Summer ’15では電話とタ ブレットをサポート
  11. 11. #Summer15JP コンポーネントとは アプリケーションの “組み立て部品”である
  12. 12. #Summer15JP 標準コンポーネント Salesforceによって提供 Custom charts Data entry tools Custom data layout Dynamic maps Left nav Publisher bar Feed items Tasks Sliders Multi-view charts Pass/Fail カスタムコンポーネント 社内のエンジニアによって提供 AppExchange コンポーネント パートナーによって提供 Lightningコンポーネント
  13. 13. #Summer15JP 標準コンポーネント ▪  条件リスト ▪  最近使ったデータ ▪  レポートグラフ ▪  リッチテキスト ▪  Visualforce ▪  後により多くのコンポーネントが追加されます
  14. 14. #Summer15JP Lightning コンポーネント (一部Beta) ▪  アプリケーションビルダーに対して選択リストを表示 <design:attribute name="Name" datasource="value1,value2,value3" /> ▪  参照整合性のチェックが拡張 –  コンポーネント名やカスタムオブジェクト及びフィールド名、ク ラス名など –  JavaScriptでの依存関係は<aura:dependency>によって明示さ れ、継承関係の階層から引き継ぎ
  15. 15. #Summer15JP デモ: Lightning App Builder
  16. 16. #Summer15JP リリース状況 ▪  Summer 15で正式リリース –  Lightning アプリケーションビルダー –  Lightningアプリで使用するLightningコンポーネント •  例: https://na24.salesforce.com/c/myApp.app ▪  Summer 15でベータ –  Salesforce1モバイル上のLightningコンポーネント <aura:component implements=”force:appHostable”>
  17. 17. #Summer15JP Visualforce の重要な更新 ▪  with sharing キーワードを使用した場合のApexクラ スからのアクセスを制限 ▪  静的リソースはVisualforce ドメインで提供 ▪  PageReferenceの getContent() 及び getContentAsPDF()メソッドはコールアウトとして動 作
  18. 18. #Summer15JP Visualforce ▪  拡張Visualforceマッピング機能 –  カスタムのマップマーカーを簡単に –  情報画面をマーカーへ <apex:mapMarker /> <apex:mapInfoWindow />
  19. 19. #Summer15JP アジェンダ 1.  ユーザ・インタフェース 2.  Apex 3.  Bigデータ/分析 4.  インテグレーション及びAPIs 5.  セキュリティとアイデンティティ
  20. 20. #Summer15JP Apex 及び SOQL ▪  地理位置情報及びDistance関数がSOQL及びSOSLクエリ でサポート WHERE DISTANCE(My_Location_Field__c, :myLocation, 'mi') < :myDistance]; WHERE DISTANCE(My_Location_Field__c, GEOLOCATION(:myLatitude, :myLongitude), 'mi') <10];
  21. 21. #Summer15JP デモ: Visualforce and Apex
  22. 22. #Summer15JP
  23. 23. #Summer15JP Apex ▪  フレキシブルキュー内のバッチジョブの順番をプログラムか ら変更 Boolean isSuccess = System.moveFlexQueueJob(jobId, positionNumber); ▪  Maps及びSetsで繰り返し順序が固定に ▪  新しいクラス / メソッド –  createExternalUser(SObject, String, [String], [Boolean]) –  Search 名前空間のクラス –  DataSource 名前空間のクラス
  24. 24. #Summer15JP カスタムメタデータ・タイプ ▪  再利用可能なメタデータを作成する ▪  メタデータとしてパッケージに含む事が可能 ▪  設定情報 ▪  再利用可能な選択リスト ▪  Etc… ▪  従来に比べてアプリケーションの配布が容易に
  25. 25. #Summer15JP アジェンダ 1.  ユーザ・インタフェース 2.  Apex 3.  Bigデータ/分析 4.  インテグレーション及びAPIs 5.  セキュリティとアイデンティティ
  26. 26. #Summer15JP 分析 ▪  Wave Mobile Connector (iOS)でデータを分析 ▪  Apple Watchをサポート ▪  ダッシュボードの作成と編集 ▪  その他多くの更新 –  複合フィルタのサポート –  Salesforce1へ戻るのが簡単に –  積み上げグラフのサポート
  27. 27. #Summer15JP BigObjects (pilot) サイズの大きなデータの管理と保存 ▪  BigObjectのターゲット: –  Customer 360 – 顧客の注文データなど –  データアーカイブ – 通常のストレージからデータを移管 –  データ置き場 – データセットをそ元ファイル形式のまま保存 –  Emailイベント等 – 過去の送信履歴など ▪  Metadata APIによって宣言 ▪  Bulk API か SOAP APIによって投入
  28. 28. #Summer15JP データパイプライン (pilot) 実用的な情報を作り出すための情報ソースとして組織内のあ らゆるデータを活用 ▪  データ駆動アプリの作成 ▪  Hadoop上のApache Pigスクリプトを使用して大量データ をSalesforce上で処理する ▪  NEW: Jobが実行できなかった際にError ログを出力 –  Tooling APIで有効化 –  開発者コンソールでJobの実行状況を確認できるように
  29. 29. #Summer15JP アジェンダ 1.  ユーザ・インタフェース 2.  Apex 3.  Bigデータ/分析 4.  インテグレーション及びAPIs 5.  セキュリティとアイデンティティ
  30. 30. #Summer15JP Lightning Connect Apex Connector ▪  Lightning Connectへ機能追加 ▪  外部データ・ソースにつなぐ際にApexを使用 ▪  外部データをsObjectとして扱う
  31. 31. #Summer15JP Lightning Connect Salesforce Connector ▪  別の組織への接続を行う ▪  読み込み専用でorg-to-orgデータをサポート ▪  ハブ & スポークインテグレーションを実現 ▪  元組織のデータ・モデルを作成 ▪  外部データ・モデルのパッケージを作成
  32. 32. #Summer15JP Salesforce Connector vs Salesforce 2 Salesforce ▪  S2S –  データ同期 –  レコードをコピー –  Pub/Subモデル –  組織ベース認証 ▪  Salesforce Connector –  リアルタイムリクエスト –  コピーなし –  スキーマ同期 –  ユーザベース認証
  33. 33. #Summer15JP API: Composite REST APIリクエスト ▪  バッチリクエストを REST APIから ▪  Bulk リクエスト ▪  API request制限を最 適化 Program Offering Update RSF and Formula INSERT RETRIEVE BATCH
  34. 34. #Summer15JP APIs: Composite REST API Requests /services/data/v34.0/composite/batch { "batchRequests": [ { "method": "POST", "url": "v34.0/sobjects/Offering__c", "richInput": { "Name": "Dramatics" } }, { "method": "GET", "url": "v34.0/sobjects/Program__c/a01B00..." } ] } { "hasErrors": false, "results": [ { "statusCode": 201, "result": {...id, errors, etc.} }, { "statusCode": 200, "result": {...fields, errors, etc.} } ] } array request 1 request 2 array response 1 response 2
  35. 35. #Summer15JP デモ: Integration and APIs
  36. 36. #Summer15JP アジェンダ 1.  ユーザ・インタフェース 2.  Apex 3.  Bigデータ/分析 4.  インテグレーション及びAPIs 5.  セキュリティとアイデンティティ
  37. 37. #Summer15JP セキュリティ機能 ▪  Platform 暗号化機能の更新 –  プラットフォームへ保存時に暗号化 –  ほとんどの種類のフィールドを暗号化 –  ファイルの暗号化 –  ハードウェアやデバイス不要、設定のみ ▪  より長い最小パスワードの ▪  拡張ネットワーク・プロトコル
  38. 38. #Summer15JP 認証及びアイデンティティ ▪  管理に関する新機能: ▪  接続済みアプリのユーザプロビジョニングGA ▪  Oauth 接続のAppごとのセッションタイムアウト値 ▪  Google 及び LinkedIn プロバイダ設定の柔軟性向上 ▪  UXに関する新機能: ▪  OpenID connectを使った複数アプリの認証を一度に ▪  カスタムログアウトスクリーン
  39. 39. #Summer15JP Thank You
  40. 40. #Summer15JP Try it out developer.salesforce.com/releases
  41. 41. #Summer15JP 初めてのHeroku 6月19日 Apple WatchとSalesforceを使った開発 6月23日 今後のWebinar
  42. 42. #Summer15JP Challenge Yourself! http://developer.salesforce.com/trailhead •  Interactive learning paths •  Earn badges and points •  Declarative and Programmatic BRAND NEW! Introducing Trailhead
  43. 43. #Summer15JP Survey Your feedback is crucial to the success of our webinar programs. Thank you! http://bit.ly/salesforce-summer15 #forcewebinar
  44. 44. #Summer15JP Q & A Mitsuhiro Okamoto Developer Programs Manager mokamoto@salesforce.com

×