Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
Xamarinを企業向けアプリ開発の
プラットフォームとして選定し
実際にアプリをリリースした話
2017/6/25 JXUG 福岡
堤大輔
スピーカー紹介
株式会社アイキューブドシステムズ
製品開発運用本部 堤大輔
Androidアプリ開発に従事
所属コミュニティー
JXUG/Japan Android Group
特技 ダンス、卓球
趣味 ラジオを聴くこと
Xamarin開発/C#言語初めて
まだ半年程のぺーぺーです!
I3 Systems, inc.
Founded : 2001
HQ : Fukuoka
Product : CLOMO
Category : Enterprise Mobile Manageme
Employees : 60
アジェンダ
• 弊社サービス紹介
• Xamarin導入を検討した理由
• 選定方法
• 実際にリリースした製品
• デモ
• Xamarin導入の成果
• まとめ
弊社サービス紹介
CLOMO MDM
http://www.i3-systems.com/securedapps.html
CLOMO SECURED APPs
Browser/Mailer/Calendar/Contacts/Docs
http://www.i3-systems.com/securedapps.html
CLOMO IDs
CLOMO’s Apps
Xamarinの導入を
検討した理由
‣ 各プラットフォームへの対応
‣ Yubizo Engine (2009年ローンチ)
‣ HTML5 + CSS3 でクロスプラットフォームアプリ開発
‣ 2015年はじめごろよりクロスプラットフォーム開発に対する検
討を再開
‣ 現体制で1...
JOIN !!
FUJIMOTONAGANO
‣ 生産性
‣ 品質
‣ 人的リソース
i3が抱える3つの課題
‣ Microsoft社の変革
‣ 2016年02月 Microsoft による Xamarin
買収 → 無償化
‣ OSSへのコミットメント
‣ Developerをサポートするメッセージとそれを即
実行する姿勢
‣ Microsoftテク...
選定方法
PoCプロジェクトの発足
・Xamarin.Forms
・Xamarin.Native + PCL + α
・Coreコンポーネント(PCL)
PoCプロジェクト
管
理
Pr
oj1
Pr
oj2
Pr
oj3
計画
Xamarin.Forms
Xamarin.Native+PCL+α
報告
検収
検収
Coreコンポーネント(PCL)
※パフォーマンスチューニング
Xamarin.Forms
Xamarin.Native + PCL + α
Coreコンポーネント(PCL)
PoCでの結論
Xamarinいける!
MobileDevOps
2つのアプローチ
・既存コードから仕様を読み取り作り直し
→PoCで検証
・既存コードをできる限りそのまま移植
→Androidプロジェクトの完全移植
Androidプロジェクト
画像 Droidくん
https://android-developers.googleblog.com/2016/12/welcoming-android-711-nougat.html
Java -> C#変換ツール
厳しい!!
・アプリの規模を把握する
・クラスファイルの一覧を抽出する
・影響が少ない部分から優先的にポーティングを実行
・ポーティング手順を確立し展開する
・jarライブラリの取り込み
どのように進める?
ポーティング
Native Binding Library
移植した結果
規模 約35000ステップ
移植工数 20人日
移植後アプリの
フルテスト結果
不具合4件
実際にリリースした
製品
CLOMO MDM Agent for iOS
デモ
Xamarin導入の成果
・不明瞭だった部分の仕様も把握でき、ドキュメント化を進める
事ができた
・単純に製品を作り直す良いきっかけにもなり、レガシーコード
を見直す良い機会となった
・メンテナンス可能なメンバーが増え、より流動的な人員のアサ
...
まとめ
・何かを変えるためにはきっかけが必要。
・企業向けアプリでもXamarin化できるし、多くの恩恵
を受ける事ができる。
・i3が抱えていた課題も解消に向かっている。人的リソ
ース確保の面で効果大。
・Xamarinでの縛りも特に感じなか...
ご静聴ありがとうございました
。
Xamarinを企業向けアプリ開発の プラットフォームとして選定し 実際にアプリをリリースした話
Xamarinを企業向けアプリ開発の プラットフォームとして選定し 実際にアプリをリリースした話
Xamarinを企業向けアプリ開発の プラットフォームとして選定し 実際にアプリをリリースした話
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

Xamarinを企業向けアプリ開発の プラットフォームとして選定し 実際にアプリをリリースした話

1.090 Aufrufe

Veröffentlicht am

JXUG福岡Xamarin活用事例キャッチアップ

Veröffentlicht in: Geräte & Hardware
  • Login to see the comments

Xamarinを企業向けアプリ開発の プラットフォームとして選定し 実際にアプリをリリースした話

  1. 1. Xamarinを企業向けアプリ開発の プラットフォームとして選定し 実際にアプリをリリースした話 2017/6/25 JXUG 福岡 堤大輔
  2. 2. スピーカー紹介 株式会社アイキューブドシステムズ 製品開発運用本部 堤大輔 Androidアプリ開発に従事 所属コミュニティー JXUG/Japan Android Group 特技 ダンス、卓球 趣味 ラジオを聴くこと
  3. 3. Xamarin開発/C#言語初めて まだ半年程のぺーぺーです!
  4. 4. I3 Systems, inc. Founded : 2001 HQ : Fukuoka Product : CLOMO Category : Enterprise Mobile Manageme Employees : 60
  5. 5. アジェンダ • 弊社サービス紹介 • Xamarin導入を検討した理由 • 選定方法 • 実際にリリースした製品 • デモ • Xamarin導入の成果 • まとめ
  6. 6. 弊社サービス紹介
  7. 7. CLOMO MDM http://www.i3-systems.com/securedapps.html
  8. 8. CLOMO SECURED APPs Browser/Mailer/Calendar/Contacts/Docs http://www.i3-systems.com/securedapps.html
  9. 9. CLOMO IDs
  10. 10. CLOMO’s Apps
  11. 11. Xamarinの導入を 検討した理由
  12. 12. ‣ 各プラットフォームへの対応 ‣ Yubizo Engine (2009年ローンチ) ‣ HTML5 + CSS3 でクロスプラットフォームアプリ開発 ‣ 2015年はじめごろよりクロスプラットフォーム開発に対する検 討を再開 ‣ 現体制で15アプリをメンテナンスするのは生産性・品質 ともに高いものにすることが難しい ‣ Unity? ReactNative? Cordova? Xamarin? ‣ Xamarin を最有力候補として検証開始
  13. 13. JOIN !! FUJIMOTONAGANO
  14. 14. ‣ 生産性 ‣ 品質 ‣ 人的リソース i3が抱える3つの課題
  15. 15. ‣ Microsoft社の変革 ‣ 2016年02月 Microsoft による Xamarin 買収 → 無償化 ‣ OSSへのコミットメント ‣ Developerをサポートするメッセージとそれを即 実行する姿勢 ‣ Microsoftテクノロジーを採用する後押し に
  16. 16. 選定方法
  17. 17. PoCプロジェクトの発足 ・Xamarin.Forms ・Xamarin.Native + PCL + α ・Coreコンポーネント(PCL)
  18. 18. PoCプロジェクト 管 理 Pr oj1 Pr oj2 Pr oj3 計画 Xamarin.Forms Xamarin.Native+PCL+α 報告 検収 検収 Coreコンポーネント(PCL) ※パフォーマンスチューニング
  19. 19. Xamarin.Forms
  20. 20. Xamarin.Native + PCL + α
  21. 21. Coreコンポーネント(PCL)
  22. 22. PoCでの結論
  23. 23. Xamarinいける!
  24. 24. MobileDevOps
  25. 25. 2つのアプローチ ・既存コードから仕様を読み取り作り直し →PoCで検証 ・既存コードをできる限りそのまま移植 →Androidプロジェクトの完全移植
  26. 26. Androidプロジェクト 画像 Droidくん https://android-developers.googleblog.com/2016/12/welcoming-android-711-nougat.html
  27. 27. Java -> C#変換ツール 厳しい!!
  28. 28. ・アプリの規模を把握する ・クラスファイルの一覧を抽出する ・影響が少ない部分から優先的にポーティングを実行 ・ポーティング手順を確立し展開する ・jarライブラリの取り込み どのように進める?
  29. 29. ポーティング
  30. 30. Native Binding Library
  31. 31. 移植した結果 規模 約35000ステップ 移植工数 20人日 移植後アプリの フルテスト結果 不具合4件
  32. 32. 実際にリリースした 製品
  33. 33. CLOMO MDM Agent for iOS
  34. 34. デモ
  35. 35. Xamarin導入の成果 ・不明瞭だった部分の仕様も把握でき、ドキュメント化を進める 事ができた ・単純に製品を作り直す良いきっかけにもなり、レガシーコード を見直す良い機会となった ・メンテナンス可能なメンバーが増え、より流動的な人員のアサ インが可能となった ・自動化を進める事ができ、作業効率が格段に上がった ・共通化する事で、仕様不備の発見や放置されていた既存問題に 対するテコ入れもできた
  36. 36. まとめ ・何かを変えるためにはきっかけが必要。 ・企業向けアプリでもXamarin化できるし、多くの恩恵 を受ける事ができる。 ・i3が抱えていた課題も解消に向かっている。人的リソ ース確保の面で効果大。 ・Xamarinでの縛りも特に感じなかった。デメリットの 部分も進め方次第で埋められる。 ・Xamarin化で働き方も変わる! ・ソースコードを共通化して皆幸せ!!
  37. 37. ご静聴ありがとうございました 。

×