Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

IBM Log Analysis with LogDNAを評価した話

596 Aufrufe

Veröffentlicht am

祝!東京リージョン開設 IBM Log Analysis with LogDNAを評価した話

Veröffentlicht in: Technologie
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

IBM Log Analysis with LogDNAを評価した話

  1. 1. Daisuke Hiraoka IBM Log Analysis with LogDNA を評価した話 祝!東京リージョン開設
  2. 2. 平岡 大祐 / Daisuke Hiraoka - IBM Champion 2019 for Cloud - 2012年までは業務系システム開発に従事 - 2013年から企業のオンプレミスシステムからIBM Cloud(SoftLayer)への 移行支援・運用に特化 - 著作(共著) コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 第9章 OpenShift Developerを担当 内容: OpenShiftでDevOpsをやるための解説とチュートリアル - Linkedin: daisuke-hiraoka - Qiita: daihiraoka - Facebook: dai.hiraoka.1 - IBM Developer Dojo 白帯
  3. 3. 評価に至るまでのきっかけ • IBMの開発者向けのイベント「IBM Developer Dojo」の 「IKSを本番で使うための道しるべ / IKS in Production」セッションに 参加 IBM Developer Dojo https://ibm-developer.connpass.com/ IKSを本番で使うための道しるべ / IKS in Production https://speakerdeck.com/kissyy/iks-in-production • 道しるべというタイトルの通りIKSとIKSに関連するIBM Cloudの各 サービスが簡潔にまとめられていた • セッション資料に基づいて各サービスを順番に調査しようと、まず はいつも後回しで、運用開始してからはじめて苦労しているロギ ング・モニタリングから…
  4. 4. IBM Log Analysis with LogDNAとは • IBM Cloud上でホストしたLogDNAを利用したログリアルタイム監 視・集積・解析・ダッシュボードのサービス • Fluentdと同様にエージェントをサーバに設置して、LogDNAへログ を転送する IBM Log Analysis with LogDNA https://www.ibm.com/cloud/log-analysis
  5. 5. LogDNA WebUIの主なログ管理機能 • 検索したいログの絞り込み&検索、Viewの作成 • アラート通知 • グラフ描画
  6. 6. IBM CloudでホストされたLogDNAを使うメ リット • IBM Cloud内でログ管理を完結することができる • IBM Cloud IAM でユーザー・アクセス権限の管理ができる • 古いログをIBM Cloud Object Storage(ICOS)にアーカイブする ことができる • 日本語のドキュメントが充実している IBM Log Analysis with LogDNA https://www.ibm.com/cloud/log-analysis 入門チュートリアル https://cloud.ibm.com/docs/services/Log-Analysis-with-LogDNA?topic=LogDNA-getting-started
  7. 7. IBM Log Analysis with LogDNA の導入は3ステップのみ 1. IBM Log Analysis with LogDNA インスタンスを注文 2. インスタンスにログを送信するようにサーバやKubernetesクラ スタなどにLogDNAエージェントの設定 3. LogDNA Web UIでログの確認 ※ただし、本番運用を考えるとIAM でユーザー・アクセス権限の設定、FWのポ リシーについて考慮も行わなければならない IBM Log Analysis with LogDNA について https://cloud.ibm.com/docs/containers?topic=containers-getting-started
  8. 8. 1.IBM Log Analysis with LogDNA インスタンスを注文 IBM Cloudポータルでカタログ→Developer Toolの順に遷移すると IBM Log Analysis with Log DNAが表示される。
  9. 9. LogDNAのインスタンスのプロビジョニング 注文が完了するとIBM Log Analysis with Log DNAのインスタンス が表示される ※IBM Cloudポータルでリソース・リスト→Observability→ Loggingの順に遷移 IKSのLogエージェント設定に 必要なIngestion Keyを事前 メモしておく
  10. 10. 2. LogDNAエージェントの設定 IBM Cloud Kubernetes Service(IKS)のLogDNAエージェントの展 開は2ステップのみ 1. LogDNAの取り込み鍵(Ingestion Key)をKubernetesのSecretとして保管 2. LogDNAエージェントをDaemonSetとしてIKSにデプロイする。 ※ワーカーノードに1つづつLogDNAエージェントPodが展開される。 ※ワーカーノード上のすべてのNamespaceから kube-system ログを含むログを収集します。 ※すべてのコンテナのStdout と Stderr は自動的に収集されて転送されます。
  11. 11. IBM Cloud Kubernetes Service(IKS)のLogDNA エージェントの展開の手順 1. LogDNAの取り込み鍵をKubernetesのSeacretとして保管 $ kubectl create secret generic logdna-agent-key –from-literal=logdna-agent-key=xxxxxxx $ kubectl get secret logdna-agent-key NAME TYPE DATA AGE logdna-agent-key Opaque 1 30h 2. LogDNAエージェントをDaemonSetとしてIKSにデプロイする。 $ kubectl create -f https://repo.logdna.com/ibm/prod/logdna-agent-ds-us-south.yaml $ kubectl get ds NAME DESIRED CURRENT READY UP-TO-DATE AVAILABLE NODE SELECTOR AGE logdna-agent 1 1 1 1 1 <none> 30h $ kubectl get pod NAME READY STATUS RESTARTS AGE guestbook-f7cbbccd7-m4vrk 1/1 Running 0 30h logdna-agent-ffbxt 1/1 Running 0 30h
  12. 12. 3.LogDNA Web UIでログの確認 • WebUIにはリアルタイムで生成されているIKSクラスターのログが 表示されます。 • フリープランでは確認できるのは最新のログのみです。 • ログのフィルタリング、ログの検索、ビューの定義、 アラートの構 成の機能を利用するには、 IBM Log Analysis with LogDNAを有料 プランにアップグレードする必要があります。
  13. 13. IBM Log Analysis with LogDNAの価格表
  14. 14. LogDNAのログの検索画面 • 画面上部で、転送時に設定したtag、転送元ホ スト名、アプリ名、ログレベルなど絞込みがで きる
  15. 15. ログ検索View作成とアラート通知 • 検索条件からログ検索Viewが作成できる • ログ検索Viewにアラート通知を追加できる
  16. 16. Slackへのアラート通知してみた
  17. 17. レポーティング(グラフ作成) • プロットする条件を設定するとログデータを時間の経過とともにグラフ化
  18. 18. ログデータのIBM Cloud Object Storage (ICOS)へのアーカイブ • ログデータのアーカイブ先をIBM Cloud Object Storage(ICOS)のバ ケットに保存できる。(24時間から48時間間隔でアーカイブ) • アーカイブされたファイルはjson形式の圧縮ファイルでICOSに保存 される
  19. 19. まとめ・感想 • IBM Log Analysis with LogDNA の導入は3ステッ プのみで簡単に始められる • 無料プランがあるのでIKSの無料クラスターと組 み合わせて、気軽と評価はすぐできる • 意外とやすい(ログ容量10GBで30日間ログ保存 で30USD) 自分で用意するより確実に安い • IBM Cloud内で完結できるのは便利 • WebUIのみでログ調査・管理できる。 • ログ検索Viewとアラート通知が、従来のログ監 視の置き換えになる。 Qiitaに 「LogDNAでIBM Cloud Kubernetes Serviceのログ監視をしてみた」 という投稿を書きました。 https://qiita.com/daihiraoka/items/eafce5988589e3051c70
  20. 20. 参考リンク • IBM Log Analysis with LogDNA 入門チュートリアル https://cloud.ibm.com/docs/services/Log-Analysis-with-LogDNA?topic=LogDNA-getting-started • IBM Log Analysis with LogDNA による Kubernetes クラスター・ログの管理 https://cloud.ibm.com/docs/services/Log-Analysis-with-LogDNA?topic=LogDNA-kube&locale=ja#kube • ロギングとモニタリング https://cloud.ibm.com/docs/containers?topic=containers-health • LogDNA で IBM Cloud のログ監視をしてみた https://qiita.com/asasaki/items/c8aee30ee7151740d624

×