Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
立命館大学における
kintone実習の取り組みについて
NPOのチーム運営とIT活用セミナー
アールスリーインスティテュート
2017.4.11
自己紹介
2
金春 利幸
(こんぱる としゆき)
アールスリーインスティテュート
Chief Innovation Officer
• サイボウズ公認kintoneエバンジェリスト
• kintone Café運営事務局
アールスリーインスティテュート
3
お客様
アール
スリー
l 2000年創業の大阪拠点のシス
テム開発会社
l 近年はクラウドインテグレーション
に注力
l 少数精鋭でお客様と共にシステムを
ワンストップで作り上げていく
l 業務システムだけ...
kintoneエバンジェリスト3名
4
全国で24名いるサイボウズ公認kintoneエバンジェリストのうち
3名在籍している日本で唯一の会社
金春利幸 浅賀功次 沖 安隆
弊社のNPO法人向けプログラム
5
「ハイスピードSI for NPO」
lサイボウズNPOプログラムに認定されている特
定非営利活動法人に向けて弊社のkintoneによ
るシステム開発サービスを対面開発1時間あた
り8,000円(税別)でご提...
立命館大学での取り組み
6
立命館大学での取り組み
7
立命館大学経営学部横田ゼミにて
「なにかの役に立つ情報システムを試作・試行してみる」
というテーマでkintoneを使った課題解決について学習をします
l 社会との直接の接点を持ち
l 学生自身が「何が課題なのか?」...
今回の取り組みの体制
8
l kintoneの提供
l ゼミ内容支援
l kintoneでのシステム開発指導
l ゼミの実施支援
昨年の活動
9
l 弊社から提示した業務フローを実施する
ためのkintoneアプリを複数班で作成
l 班ごとに多彩なアプリが作成された
l ITの専門知識を持たない学生でもサ
ポートしてあげればある程度のレベルの
アプリを作成できるということ...
今年の活動
10
l 与えられた仮想的な課題ではなく、実際の世の中にある
課題を解決し、システムがどのように世の中に役立つの
かを理解する
l チームで仕事を進めることを学び、kintoneを始めとし
たツールがチームワークにどう貢献するかを理...
ご協力いただけるNPO法人様を募集しています
11
l 貴法人で必要な業務システムを立命館大学の学生が無償で作成します
l 作成するkintoneアプリはkintoneのプロである弊社が開発サポート
&レビューします
ベネフィット
お願い事項
...
進め方
12
4 5 6 97 8 10 11 12
ご協力いただける
NPO法人様募集
学生とシステム開発
(R3&Cybozuサポート)
業務理解とkintoneの
スキルアップ
NPO
法人様
立命館
大学
&
R3
&
Cybozu
•...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

立命館大学におけるkintone実習の取り組みについて

396 Aufrufe

Veröffentlicht am

立命館大学経営学部横田ゼミにて
「なにかの役に立つ情報システムを試作・試行してみる」
というテーマでkintoneを使った課題解決について学習をします。

与えられた仮想的な課題ではなく、実際の世の中にある
課題を解決し、システムがどのように世の中に役立つの
かを理解する。

l チームで仕事を進めることを学び、kintoneを始めとし
たツールがチームワークにどう貢献するかを理解する
l そのために、実際に課題を抱えておられるNPO法人にご協力を
お願いし、一緒にシステムを作らせていただきたい。

  • Als Erste(r) kommentieren

立命館大学におけるkintone実習の取り組みについて

  1. 1. 立命館大学における kintone実習の取り組みについて NPOのチーム運営とIT活用セミナー アールスリーインスティテュート 2017.4.11
  2. 2. 自己紹介 2 金春 利幸 (こんぱる としゆき) アールスリーインスティテュート Chief Innovation Officer • サイボウズ公認kintoneエバンジェリスト • kintone Café運営事務局
  3. 3. アールスリーインスティテュート 3 お客様 アール スリー l 2000年創業の大阪拠点のシス テム開発会社 l 近年はクラウドインテグレーション に注力 l 少数精鋭でお客様と共にシステムを ワンストップで作り上げていく l 業務システムだけでなく、画像処理 システムや工場制御システム等多彩 なシステム構築経験を保有
  4. 4. kintoneエバンジェリスト3名 4 全国で24名いるサイボウズ公認kintoneエバンジェリストのうち 3名在籍している日本で唯一の会社 金春利幸 浅賀功次 沖 安隆
  5. 5. 弊社のNPO法人向けプログラム 5 「ハイスピードSI for NPO」 lサイボウズNPOプログラムに認定されている特 定非営利活動法人に向けて弊社のkintoneによ るシステム開発サービスを対面開発1時間あた り8,000円(税別)でご提供 lカスタマイズはなし lお受けできる量に制限があります
  6. 6. 立命館大学での取り組み 6
  7. 7. 立命館大学での取り組み 7 立命館大学経営学部横田ゼミにて 「なにかの役に立つ情報システムを試作・試行してみる」 というテーマでkintoneを使った課題解決について学習をします l 社会との直接の接点を持ち l 学生自身が「何が課題なのか?」を発見し l その課題に対して解決策を考え l kintoneで解決策を実施できるシステムを開発し l その結果、課題が解決できたか、何が変わったかを検証する ことを目的としています
  8. 8. 今回の取り組みの体制 8 l kintoneの提供 l ゼミ内容支援 l kintoneでのシステム開発指導 l ゼミの実施支援
  9. 9. 昨年の活動 9 l 弊社から提示した業務フローを実施する ためのkintoneアプリを複数班で作成 l 班ごとに多彩なアプリが作成された l ITの専門知識を持たない学生でもサ ポートしてあげればある程度のレベルの アプリを作成できるということが確認で きた
  10. 10. 今年の活動 10 l 与えられた仮想的な課題ではなく、実際の世の中にある 課題を解決し、システムがどのように世の中に役立つの かを理解する l チームで仕事を進めることを学び、kintoneを始めとし たツールがチームワークにどう貢献するかを理解する l そのために、実際に課題を抱えておられる方にご協力を お願いし、一緒にシステムを作らせていただきたい
  11. 11. ご協力いただけるNPO法人様を募集しています 11 l 貴法人で必要な業務システムを立命館大学の学生が無償で作成します l 作成するkintoneアプリはkintoneのプロである弊社が開発サポート &レビューします ベネフィット お願い事項 l 開発期間中、数回立命館大学(茨木キャンパス)あるいはオンラインで の学生との打合せをお願いします l 弊社ホームページ等で今回の取り組みを記事として公開させていただ きます
  12. 12. 進め方 12 4 5 6 97 8 10 11 12 ご協力いただける NPO法人様募集 学生とシステム開発 (R3&Cybozuサポート) 業務理解とkintoneの スキルアップ NPO 法人様 立命館 大学 & R3 & Cybozu • 活動の理解 • 課題&業務ヒアリング • kintoneアプリの開発 • 指摘事項の改良 • 利用状況の調査 • kintone Caféでの成果発表

×