Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
地域課題の「設定」とオープンデータ
国際大学 GLOCOM 准教授 /Open Knowledge Japan 代表理事
庄司昌彦(shoji@glocom.ac.jp)
1
図:葛飾北斎「あじさいに燕」
地域課題の「設定」とオープンデータ
1. 縮小社会でも枯渇しない社会的な資源
2. 行政からの「課題発信」
3. 未来に向けたパワフルな問いを作る
4. さまざまな役割と人材開発
2
縮小社会でも枯渇しない
社会的な資源
3
地域の資源
ヒト モノ・場所 カネ
情報
(Open Data)
4
財政の厳しい人口減少・縮小社会
でも枯渇しない社会的な資源
5
オープンデータ=
誰もが自由に使えるデータ
• オープンなライセンス
• オープンなアクセス
• 複製のための適切な費用以上の価格が課されず、
インターネットを通じ無償ダウンロードできるとよい
• オープンな形式
• 更新可能で簡便な形式、...
6
ビッグデータのことは忘れよ。
スモールデータこそが真の革命だ。
Dr. Rufus Pollock
(President & Founder, Open Knowledge)
Guardian Data Blog 2013/04/25
7
Webサイト等による行政情報の
提供・利用促進に関する基本的指針
• 各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議 決定
– 2015 年3月27日
– URL: http://www.soumu.go.jp/main_content/000348...
行政からの「課題発信」
9
行政からの課題発信
• 社会課題設定
+インキュベーション
– 英ODIはNESTA(科学・技術・
芸術基金)と2年で7課題に
挑戦
– 予算約1.9億円(含:運営費)
– 課題設定、公開データ選定、
コンテスト、インキュベー
ション等の全体を...
未来に向けた
パワフルな問いを作る
11
フューチャーセンター/セッション
• 20年以上前に北欧で誕生
• 未来の価値を生み出す場
• 複雑な問題の解決に取組む場
• 多様な人々が集まり、しがら
みを超えて対話と協業を行い、
創造的に問題を解決する
• 日本では未来志向・市民参加
の...
パワフルな問い(Powerful Questions)
活動の原則
1. 思いを持った人の大切な問い
からすべてが始まる。
2. 多様な人たちの知恵が一つの場
に集まる
3. 集まった人たちの関係を
大切にする
4. 身体で学び、実践し、試作す...
問いを作るためのデータ活用
14https://resas.go.jp/
• 官民の様々なデータを利用
• 一定条件の下、複製、公衆送
信、翻訳・変形等の翻案等、
自由に利用可能
• OpenStreetMapを使用
参考:RESAS(地域経済...
個人ではなく環境を裸にする都市データ
15
Watch_Dogs WeareData (UBISOFT)
東京を(○○を)オープンデータが濃密な都市に!
バルセロナ市:スマートシティ
16
Wi-Fiアクセスポイント、公共センサー(街路灯・バス・バス停・駐車場・ゴミ箱)
市民制作センサー(スマートシティズン・センサーキット)
画像:SMART CITIZEN https://smartcitiz...
Google Y / Urban Engines
• 研究機関「GoogleY」設立
– 効率的な空港や
スマートシティを開発
• Urban Engines社に投資
– データ解析によって交通渋
滞を緩和する技術を開発
– センサーやカメラな...
さまざまな役割と人材開発
18
参加民主主義の拡大
• 参加型デザイン Participatory Design
– 北欧 1960-70年代
– ユーザーがデザインのプロセスに参加
– 商品等が自分のニーズに合うかどうかを確認し、
専門家を手助けする
• コ・デザイン Co...
School of Data by Open Knowledge
20
ハッカソンの多様な参加者と役割
多様な参加者
• エンジニア
• 社会課題に詳しい人・
課題意識のある人
• デザイナー
• アナリスト・
ジャーナリスト
• 事業モデルを考える人
多様な役割
• アイディアを出す
• コードを書く
• 進行を...
地域課題の「設定」とオープンデータ
1. 縮小社会でも枯渇しない社会的な資源
2. 行政からの「課題発信」
3. 未来に向けたパワフルな問いを作る
4. さまざまな役割と人材開発
22
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

【UDC2015】地域課題の「設定」とオープンデータ - 庄司昌彦

平成27年6月22日(月)に東京大学駒場第Ⅱキャンパスで行われました、シンポジウムでの講演資料です。

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

【UDC2015】地域課題の「設定」とオープンデータ - 庄司昌彦

  1. 1. 地域課題の「設定」とオープンデータ 国際大学 GLOCOM 准教授 /Open Knowledge Japan 代表理事 庄司昌彦(shoji@glocom.ac.jp) 1 図:葛飾北斎「あじさいに燕」
  2. 2. 地域課題の「設定」とオープンデータ 1. 縮小社会でも枯渇しない社会的な資源 2. 行政からの「課題発信」 3. 未来に向けたパワフルな問いを作る 4. さまざまな役割と人材開発 2
  3. 3. 縮小社会でも枯渇しない 社会的な資源 3
  4. 4. 地域の資源 ヒト モノ・場所 カネ 情報 (Open Data) 4 財政の厳しい人口減少・縮小社会 でも枯渇しない社会的な資源
  5. 5. 5 オープンデータ= 誰もが自由に使えるデータ • オープンなライセンス • オープンなアクセス • 複製のための適切な費用以上の価格が課されず、 インターネットを通じ無償ダウンロードできるとよい • オープンな形式 • 更新可能で簡便な形式、機械判読・一括利用が可能 • 利用に制限や料金がかからず、自由に公開利用可能 ※単に「公表されたデータ」ではなく、「開放資料」であること。 Open Definition 2.0 by Open Knowledge CC-BY4.0 Qiita で公開されているnyampire氏の翻訳を参照
  6. 6. 6
  7. 7. ビッグデータのことは忘れよ。 スモールデータこそが真の革命だ。 Dr. Rufus Pollock (President & Founder, Open Knowledge) Guardian Data Blog 2013/04/25 7
  8. 8. Webサイト等による行政情報の 提供・利用促進に関する基本的指針 • 各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議 決定 – 2015 年3月27日 – URL: http://www.soumu.go.jp/main_content/000348841.pdf • 「行政機関の保有する情報の公開に関する法律 」 に基づき開示した情報及び当該情報と同様の取扱 いが可能と考えられる同種の情報で、反復継続的 に開示請求が見 込まれるものについては、原則と して Webサイトによる提供を図る。 8
  9. 9. 行政からの「課題発信」 9
  10. 10. 行政からの課題発信 • 社会課題設定 +インキュベーション – 英ODIはNESTA(科学・技術・ 芸術基金)と2年で7課題に 挑戦 – 予算約1.9億円(含:運営費) – 課題設定、公開データ選定、 コンテスト、インキュベー ション等の全体を設計 – 各段階が参加型 • OGDチューリッヒの教訓 1. OGDには政治的支援が必要 2. OGD作成と活用は違う 3. OGDは放置してても回るプロ ジェクトではない 4. コミュニケーション、コミュニ ケーション、コミュニケーショ ン、コミュニケーション • Twitter、ニューズレター、ラウ ンドテーブル、リーフレット 5. OGDの効果は数字に現れるも のだけではない 10
  11. 11. 未来に向けた パワフルな問いを作る 11
  12. 12. フューチャーセンター/セッション • 20年以上前に北欧で誕生 • 未来の価値を生み出す場 • 複雑な問題の解決に取組む場 • 多様な人々が集まり、しがら みを超えて対話と協業を行い、 創造的に問題を解決する • 日本では未来志向・市民参加 のまちづくりの場として普及 参考:野村恭彦「フューチャーセンターとは」、野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』(プレジデント社 2012) マインド・ラボ(デンマーク政府) ダイアログハウス(オランダ ABNアムロ銀行)
  13. 13. パワフルな問い(Powerful Questions) 活動の原則 1. 思いを持った人の大切な問い からすべてが始まる。 2. 多様な人たちの知恵が一つの場 に集まる 3. 集まった人たちの関係を 大切にする 4. 身体で学び、実践し、試作する 5. あらゆる情報やアイディアを空 間内に可視化する 6. 良い場が行動を促す。それを 信じる パワフルな問い • 単純なYes/Noでは答えられず、 個人の思いや考えを引き出す • 多くの人を引きつけ対話の質 を高める • 未来を志向し協力を促す 参考:野村恭彦「フューチャーセンターとは」、野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』(プレジデント社 2012)
  14. 14. 問いを作るためのデータ活用 14https://resas.go.jp/ • 官民の様々なデータを利用 • 一定条件の下、複製、公衆送 信、翻訳・変形等の翻案等、 自由に利用可能 • OpenStreetMapを使用 参考:RESAS(地域経済分析システム)
  15. 15. 個人ではなく環境を裸にする都市データ 15 Watch_Dogs WeareData (UBISOFT) 東京を(○○を)オープンデータが濃密な都市に!
  16. 16. バルセロナ市:スマートシティ 16 Wi-Fiアクセスポイント、公共センサー(街路灯・バス・バス停・駐車場・ゴミ箱) 市民制作センサー(スマートシティズン・センサーキット) 画像:SMART CITIZEN https://smartcitizen.me/
  17. 17. Google Y / Urban Engines • 研究機関「GoogleY」設立 – 効率的な空港や スマートシティを開発 • Urban Engines社に投資 – データ解析によって交通渋 滞を緩和する技術を開発 – センサーやカメラなどの ハードウエアを使わずデー タ解析によって電車やバス の運行状況をモニター – インセンティブプログラム で人間心理に訴え混雑緩和 17Ryan Daws “Project X/Y: Google is the "Think Different" company” developer tech 宮本和明「グーグル第二の研究機関「Y」 スマートシティーに照準」日本経済新聞 画像:Urban Engines社サイトより
  18. 18. さまざまな役割と人材開発 18
  19. 19. 参加民主主義の拡大 • 参加型デザイン Participatory Design – 北欧 1960-70年代 – ユーザーがデザインのプロセスに参加 – 商品等が自分のニーズに合うかどうかを確認し、 専門家を手助けする • コ・デザイン Co-Design – 専門家の助けを借りながら、ユーザー自身が解決 策を見つけ、実装する – 「ともに考え、ともにつくる」(CodeforJapan) 19
  20. 20. School of Data by Open Knowledge 20
  21. 21. ハッカソンの多様な参加者と役割 多様な参加者 • エンジニア • 社会課題に詳しい人・ 課題意識のある人 • デザイナー • アナリスト・ ジャーナリスト • 事業モデルを考える人 多様な役割 • アイディアを出す • コードを書く • 進行を管理する • 調べものをする • データを整形する • デザイン • 使う • 事業モデルを考える • 発表資料を作る • 記録を残す 21
  22. 22. 地域課題の「設定」とオープンデータ 1. 縮小社会でも枯渇しない社会的な資源 2. 行政からの「課題発信」 3. 未来に向けたパワフルな問いを作る 4. さまざまな役割と人材開発 22

×