Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

AWS Wavelengthと大阪リージョンのご紹介20210414

毎月 AWS Startup Loft で開催されている IoT@Loft #18 です。2021 年 3 月に大阪リージョン提供開始に合わせて、大阪リージョンの概要と DR の考え方についてのお話や、AWS Wavelength の概要とユースケースについてご紹介しました。

Ähnliche Bücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

Ähnliche Hörbücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen
  • Als Erste(r) kommentieren

AWS Wavelengthと大阪リージョンのご紹介20210414

  1. 1. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. 丁 亜峰 アマゾンウェブサービスジャパン 西日本ソリューションアーキテクト 大阪リージョンとAWS Wavelengthの紹介
  2. 2. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. 自己紹介 名前:丁 亜峰(Tei Amine) 所属:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 西日本担当ソリューションアーキテクト 経歴:SaaS会社にてインフラエンジニアとして活動(大阪) 好きなAWSサービス: AWS Transit Gateway, AWS サポート, AWS IoTサービス
  3. 3. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. はじめに 対象者 • AWSをある程度ご利用され、これからシステムを構築するにあたり、 AWS Wavelengthと大阪リージョンについて知りたい方 ゴール • 大阪リージョン概要とDRの考え方を理解する • AWS Wavelengthの概要とユースケースを理解する 本セッションでお話ししないこと • AWS 各サービスについての説明、アーキテクチャの説明 • DRシナリオの詳細、AWS Wavelengthが必要かどうかの検討
  4. 4. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. アジェンダ 1. 大阪リージョンの紹介 2. DRの考え方 3. AWS Wavelengthの紹介 4. AWS Wavelengthを用いたIoTユースケース 5. まとめ
  5. 5. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. アジェンダ 1. 大阪リージョンの紹介 2. DRの考え方 3. AWS Wavelengthの紹介 4. AWS Wavelengthを用いたIoTユースケース 5. まとめ
  6. 6. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. N. Virginia (2006) N. California (2009) Ireland (2008) 2006-2010︓ 4 リージョン AWSリージョン展開 Singapore (2010)
  7. 7. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. N. Virginia N. California Ireland AWS GovCloud West (2011) Oregon (2011) São Paulo (2012) Sydney (2012) Tokyo (2011) 2011-2015︓ 7 リージョン 2006-2010︓ 4 リージョン AWSリージョン展開 Frankfurt (2014) Singapore Beijing (2013)
  8. 8. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. N. Virginia N. California Ireland AWS GovCloud West Oregon São Paulo Montreal Ohio London Mumbai Seoul Ningxia Cape Town Hong Kong Sweden AWS GovCloud East Osaka Milan Bahrain Jakarta 2016-2021︓ 14 リージョン Coming soon: 5 リージョン 2011-2015 : 7 リージョン 2006-2010 : 4 リージョン Frankfurt Singapore Beijing Spain Paris Sydney Melbourne Hyderabad Switzerland AWSリージョン展開
  9. 9. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. AWS リージョン それぞれのリージョンは、複数アベイラビリティーゾーン(AZ)で構成されています。AZは自然災害や データセンター単位の障害などビジネスに影響を与えるリスクを最小化するよう地理的に影響を受けな い十分離れた場所にあり、独立した電源、空調、物理的なセキュリティを備え、広帯域でハイスピード の光回線のバックボーンに接続されています。2箇所以上のトランジットセンターからリージョンと外 部(他ASや専用線)と接続します。 AWS アベイラビリティーゾーン (AZ) リージョンは複数アベイラビリティーゾーン (AZ)で構成されています。 アベイラビリティーゾーンは冗長電源、ネットワーク接 続を備えたデータセンター群で、別々の施設に配置され ています。 AZ AZ AZ AZ Transit Transit Datacenter Datacenter Datacenter AWS リージョン
  10. 10. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. 2021年3月大阪(フル)リージョンローンチ 大阪リージョンは3つのアベイラビリティーゾーン(AZ)を持つAWSリージョンで あり、 対応サービスの拡充、オンデマンドインスタンスやSavings Plansの適用 が可能となります。 お客様は大阪リージョンを単独のAWSリージョンとしてご利用いただける他、約 400km離れたAWS アジアパシフィック (東京) リージョンと組み合わせて利用す ることで、単一のAWS リージョン内で提供されるマルチAZ構成で充足すること が難しいレベルの可用性が求められるワークロードやアプリケーションを 日本国内にある2つのリージョンの連携により実現できます。 *本セッションではAWS アジアパシフィック(大阪)リージョンを「大阪リージョン」と表記します。
  11. 11. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. ②幅広いサービスをご提供 幅広い AWS サービスを利用可能(ローンチ時の提供サービス一覧) AWS Artifact AWS Batch AWS Certificate Manager AWS CloudFormation AWS CloudTrail AWS CodeDeploy AWS Config AWS Database Migration Service AWS Direct Connect AWS Elastic Beanstalk AWS Fargate AWS Glue AWS IQ AWS Identity and Access Management (IAM) AWS Key Management Service AWS Lambda AWS Marketplace AWS Organizations AWS Personal Health Dashboard AWS PrivateLink 大阪リージョンで利用可能なサービスはお客様からの声に基づいて日々追加されていきます。 最新の情報についてはウェブサイトをご確認ください。 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/global-infrastructure/regional-product-services/ AWS Secrets Manager AWS Snowball AWS Step Functions AWS Support AWS Systems Manager AWS VPN AWS X-Ray Amazon API Gateway Amazon Aurora Amazon CloudFront Amazon CloudWatch Amazon DynamoDB Amazon ElastiCache Amazon Elastic Block Store (EBS) Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) Amazon Elastic Container Registry (ECR) Amazon Elastic Container Service (ECS) Amazon Elastic File System (EFS) Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) Amazon Elastic MapReduce (EMR) Amazon Elasticsearch Service Amazon EventBridge Amazon Kinesis Data Firehose Amazon Kinesis Data Streams Amazon Redshift Amazon Relational Database Service (RDS) Amazon Route 53 Amazon Simple Notification Service (SNS) Amazon Simple Queue Service (SQS) Amazon Simple Storage Service (S3) Amazon Simple Workflow Service (SWF) Amazon Virtual Private Cloud (VPC) CloudEndure Disaster Recovery CloudEndure Migration Elastic Load Balancing
  12. 12. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. AWS 最新情報(大阪リージョン関連を抜粋) お客様からの声に基づいて大阪リージョ ンで利用可能なサービスとUpdateは日々 追加されていきます。 こちらは本日(4/14)までWEB サイトの画 面キャプチャです。ぜひチェックして見 てください。 2021/04/14時点 https://aws.amazon.com/new/
  13. 13. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. アジェンダ 1. 大阪リージョンの紹介 2. DRの考え方 3. AWS Wavelengthの紹介 4. AWS Wavelengthを用いたIoTユースケース 5. まとめ
  14. 14. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. 大阪リージョンのユースケース 3つのアベイラビリティーゾーン(AZ)を備える大阪リージョンは、 東京リージョンと同様に完全なリージョンとして利用することが可能です。 主なユースケースとしては… 1. 主なリージョンとしてのご利用 2. AWS 東京リージョンのDRサイトとしてのご利用(*) 3. オンプレミスのDRサイトとしてのご利用 *大阪リージョンが主なリージョン、東京リージョン がDRサイトの場合も同様
  15. 15. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. (前提)DR に関する主な検討事項 - RPO, RTO 要件の明確化 サービス停⽌時間(ダウンタイム) システム復旧時間 RPO RTO トランザクション消失 Recovery Point Objective (RPO) Recovery Time Objective (RTO) § 該当サービス復旧にかけられる時間 § 1分、15分、1時間、4時間、1⽇︖ § データリストアや、システム再起動等の 技術選択に影響 § ディザスタリカバリの復旧時点の⽬標値 バックアップ・データを取得するタイミング や頻度のこと § どの程度のデータ損失が許容されるか︖ § バックアップ・リストアの運⽤間隔や データレプリケーションの技術選択に影響 災害 発⽣ サービス 再開
  16. 16. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. RTO / RPO に応じた復旧シナリオ バックアップ リストア パイロット ライト ウォーム スタンバイ Active-Active (マルチサイト) § 平常時はバックアップを 取得 § RTOに応じて常時サブサイ トへバックアップを転送 or 障害時に転送 § 障害時に必要なデータを サブサイトでリストア § 費⽤︓$ § 平常時はコアサービスのみに 限定したサブサイトを運⽤ (例 DBのみ常時運⽤ etc.) § 障害時に、必要に応じてその 他サービスを起動 § 費⽤︓$$ § 平常時からメインサイト 同等機能をもち規模を縮 ⼩したサブサイトを運⽤ § 障害時は⾃動フェール オーバーし、流量を絞っ て業務を継続 § 費⽤︓$$$ § 平常時からメインサイト 同等構成のサブサイトを 運⽤ § 障害時は⾃動フェール オーバー § 費⽤: $$$$ Low High RPO/RTO: 時間単位 RPO/RTO: 分単位 RPO/RTO: 秒単位 RPO/RTO: リアルタイム より深く知りたいという方はぜひ 5/11、5/12に開催されるAWS Summit Online 2021でAWS-53「マルチリージョン、ちょっとその前に…-サービス の可用性について考える」セッションをご参照ください。
  17. 17. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. (例) お客様のDR対策”簡易”検討フロー ①単一リージョン(東京や大阪)で 複数AZを利用する DRサイトが必要で、DRサイトは数百キロメートル以 上離れている必要がある? メインリージョンとDRサイトは両方日本国内にする 必要がある? No ②(海外も含めた)複数のリージョン を組み合わせて利用する →東京+大阪、東京+海外、大阪+海外など No ③東京リージョンと 大阪リージョンを利用する Yes ②や③でのDRサイトでのご利用は要件に応じて「オンデマンドキャパシティ予約」や 「ゾーンリザーブドインスタンス」でのキャパシティ予約もご検討ください Yes
  18. 18. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. (参考) AWS Well-Architected フレームワーク”信頼性の柱” https://d1.awsstatic.com/whitepapers/ja_JP/architecture/AWS-Reliability-Pillar.pdf
  19. 19. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. アジェンダ 1. 大阪リージョンの紹介 2. DRの考え方 3. AWS Wavelengthの紹介 4. AWS Wavelengthを用いたIoTユースケース 5. まとめ
  20. 20. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. AWS Wavelength: 5Gモバイルエッジ向けサービス AWSリージョンと Wavelength Zoneを 単一の画面で管理 AWSリージョンの サービスに シームレスに接続 AWS のコンピュートと ストレージサービスを キャリアのモバイル ネットワーク内に設置 電気通信サービス事業者(CSP)の5Gモバイルネットワーク内に AWSサービスを設置 一度開発したアプリケーシ ョンをグローバルなキャリ アネットワークにデプロイ
  21. 21. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. 5G とモバイルエッジコンピューティング 利用者とビジネスにフォーカスしたモバイルサービスのデリバリーモデル 5G 新しい ユースケー ス Mobile edge computing 低遅延 広帯域 ネットワークスライシング モバイルゲーム、ビデオ ストリーミング、AR/VR 、IoT、動画像処理、コ ネクテッドカー等 ネットワークの ホップ数を削減し、 5Gの価値を最⼤化
  22. 22. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. トランジット/ ピアリング AWSリージョン キャリアネットワーク インターネット モバイルネットワーク 数10ミリ秒の遅延 AWS Wavelengthを 5Gネットワーク内に トランジット/ ピアリング Global IP Private IP
  23. 23. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. トランジット/ ピアリング AWSリージョン キャリアネットワーク インターネット モバイルネットワーク 応答時間を短縮 ネットワーク帯域や転送時間を削減 数10ミリ秒の遅延 AWS Wavelengthを 5Gネットワーク内に Wavelength Zone トランジット/ ピアリング Global IP Private IP
  24. 24. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. AWS リージョンとWavelength Zonesのデザイン AZ AZ AZ AZ Transit Transit AWS Tokyo Region WZ WZ キャリアネ ットワーク ロケー ション 通信サー ビス事業 者 AWS リージョ ン WAVELE NGTH ZONE ID 東京 KDDI アジアパシ フィック (東京) ap- northeast- 1-wl1-nrt- wlz-1 大阪 ap- northeast- 1-wl1-kix- wlz-1
  25. 25. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. AWS Wavelength: VPC構成の概要 AWS Region (ap-northeast-1) VPC 10.0.0.0/16 Destination Target 10.0.0.0/16 Local 0.0.0.0/0 Igw-xxxx Subnet3 10.0.3.0/24 Subnet2 10.0.2.0/24 Subnet1 10.0.1.0/24 ap-northeast-1a ap-northeast-1-wl1-nrt-wlz-1 Subnet99 10.0.99.0/24 KDDI data center Destination Target 10.0.0.0/16 Local 0.0.0.0/0 cagw-xxx • コントロールプレーンはリ ージョン側 • リージョンのVPCのサブネッ トを作成する際に Wavelength Zoneを選ぶだけ • WZとリージョン間は広帯域 ネットワークで接続。VPC内 のLocal通信はAZ間と同じ • CSPネットワーク経由でUEや インターネットへ接続するた めのCarrier Gateway High-bandwidth link Subnet6 10.0.6.0/24 Subnet5 10.0.5.0/24 Subnet4 10.0.4.0/24 ap-northeast-1b
  26. 26. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. AWS管理コンソールでの見え方 Wavelength ZoneのSubnetを指定しイン スタンスを起動 その他のSubnetにあるインスタンスと並 んでシームレスに管理
  27. 27. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. Wavelength Zone︓リージョンと同じAWSサービスで構成 Amazon EC2 すべてのアプリケーションをデプロイ する基礎となるビルディングブロック Amazon EKS ノードグループをコンテナワークロー ドの実⾏に利⽤可能 Amazon ECS コンテナインスタンの実⾏に利⽤可能 Amazon EBS アプリケーションのストレージ要件に 合わせて利⽤可能 Amazon EC2: Amazon Elastic Compute Cloud / Amazon EKS: Amazon Elastic Kubernetes Service Amazon EBS: Amazon Elastic Block Store / Amazon ECS: Amazon Elastic Container Service
  28. 28. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. Wavelength Zone (Tokyo/Osaka)の料⾦ Region (Tokyo) WZ (KDDI Tokyo) WZ (KDDI Osaka) T3.medium(Linux) $0.0544/hour $0.0734/hour $0.0734/hour T3.xlarge(Linux) $0.2176/hour $0.2938/hour $0.2938/hour G4dn.2xlarge(Linux) $1.015/hour $1.777/hour $1.777/hour R5.2xlarge(Linux) $0.608/hour $0.821/hour $0.821/hour Data Transfer (Out) $0.114/GB $0.1368/GB $0.1368/GB EBS (GP2) $0.12/GB/month $0.18/GB/month $0.18/GB/month https://aws.amazon.com/jp/wavelength/pricing/
  29. 29. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. アジェンダ 1. 大阪リージョンの紹介 2. DRの考え方 3. AWS Wavelengthの紹介 4. AWS Wavelengthのユースケース 5. まとめ
  30. 30. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. AWS Wavelength のユースケース ビデオ、画像、データをエッジで処理 ・解析、推論を実行し、リアルタイム 診断に活⽤ ヘルスケア分野での推論処理 交通安全のためにセンサーデータを リアルタイム監視、車載器とのテレ マティクス通信 コネクテッドカー AI/ML、動画解析などの処理を行 う産業エッジの高速化 スマートファクトリー 高品質で超低遅延な双方向ゲーム ストリーミング リアルタイムゲーム 動作が画面に反映するまでの遅延時 間(Motion to Photon、MTP) の削 減によるリアリティの向上 AR / VR / XR 双方向体験を埋め込んだライブ ビデオストリーミング 双方向ライブビデオストリーミング https://aws.amazon.com/blogs/industries/category/compute/aws-wavelength/
  31. 31. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. 早期にWavelengthを利⽤開始したお客様
  32. 32. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. TCS - リアルタイム品質検査が可能に TCS は、デジタルトランスフォーメーションの最前線に立つグローバルシステムインテグレータであり、さまざま な業界のビジネス効率と運用効率を推進しています。 AI/MLベースの推論を使用して、高速移動する組立ライ ンの品質管理を自動化する低レイテンシーの5Gネット ワークとエッジコンピューティングを活用した新しいア プローチ。 SOLUTION インダストリー4.0 でミッションクリティカルなオンプ レミス組み立てラインを変革することで、スマートフ ァクトリーのフロアオートメーションを推進します。 CHALLENGE エッジへのオフロードは トランスフォーメーションとイノベーションを加速。 BUSINESS OUTCOME https://aws.amazon.com/blogs/industries/tcs-enables-intelligent-real-time- quality-inspection-for-a-smart-factory-with-aws-wavelength/ AWS Wavelengthと AWS リージョンで5Gを 活用するスマートファ クトリー
  33. 33. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. まとめ:AWS Wavelength の利点 低遅延/ 広帯域 Wavelengthは5Gネットワー クのエッジにAWSサービス を延伸します 一貫した操作性 世界中の複数の5Gネットワークで 同じ操作性を提供します どこでも使える アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国 その他の国のモバイルネットワーク をご利用のエンドユーザ向けにアプ リケーションを提供できます AWSと同じ利点 初期投資は不要、従量課金 で必要に応じて台数を増減 できます
  34. 34. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. まとめ • 大阪リージョンをご紹介 • AWSリージョン、アベイラビリティーゾーン(AZ)をご説明 • 国内で東京リージョンと大阪リージョンとのDR • AWS Wavelengthサービスの紹介 • CSPモバイルネットワーク内から提供されるAWSサービス • 低遅延、広帯域、一貫した操作性、どこからでも使える
  35. 35. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. Thank you

×