Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

AWSサービスアップデートまとめ (re:Invent 2016とその前後)

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Wird geladen in …3
×

Hier ansehen

1 von 85 Anzeige

AWSサービスアップデートまとめ (re:Invent 2016とその前後)

Herunterladen, um offline zu lesen

AWSサービスアップデートまとめ (re:Invent 2016とその前後)

渡邊源太
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト

AWSサービスアップデートまとめ (re:Invent 2016とその前後)

渡邊源太
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト

Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Diashows für Sie (20)

Ähnlich wie AWSサービスアップデートまとめ (re:Invent 2016とその前後) (20)

Anzeige

Weitere von Amazon Web Services Japan (20)

Aktuellste (20)

Anzeige

AWSサービスアップデートまとめ (re:Invent 2016とその前後)

  1. 1. AWSサービスアップデートまとめ (re:Invent 2016とその前後) 2017年2月22日 渡邉源太(@gentaw0) アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト
  2. 2. Solutions Architect at Amazon • AWSの日本での利用 促進を行う – AWSに関する技術支 援(無料) – セミナー、ハンズオン 等登壇 – ブログ等での情報発信 • Black beltやってます 毎週水曜18:00〜 Black belt Webinar配信中! #awsblackbelt 「AWS セミナー」で検索
  3. 3. I N T R O D U C I N G
  4. 4. Compute
  5. 5. EC2インスタンス(T2,M4,C4)の値下げを発表 • T2, M4, C4ファミリのインスタンスについて、 利用料金の値下げを発表 • 東京リージョンにおけるオンデマンドインス タンスの値下げ幅は以下のとおり – T2 : 20パーセント – M4 : 20パーセント – C4 : 5パーセント • 2016年12月1日から自動的に適用される。リ ザーブドインスタンスについては12/1(UTC) 以後に購入したものに適用となる t2 m4 c4 ※詳細な価格情報はこちらを参照 https://aws.amazon.com/jp/s3/pricing/
  6. 6. EC2のT2ファミリのラインナップを拡充 • CPU性能のバーストをサポートしたT2ファミリに、 従来よりも大きなインスタンスタイプがデビュー • より多くのメモリを搭載しており、今までよりも 幅広いワークロードをサポート可能に モデル vCPU RAM Baseline Performance CPU Credit/ Hour 料金 (東京) t2.nano 1 0.5GB 10% 3 $0.08/h t2.micro 1 1GB 15% 6 $0.16/h t2.small 1 2GB 25% 12 $0.32/h t2.medium 2 4GB 40% 24 $0.64/h t2.large 2 8GB 60% 36 $0.128/h t2.xlarge 4 16GB 90% 54 $0.256/h t2.2xlarge 8 32GB 135% 81 $0.512/h nano micro small medium large xlarge 2xlarge
  7. 7. EC2の新インスタンスファミリR4を発表 • 大容量メモリを搭載したR3の後継としてR4を発表 • 2.4GHzのIntel Xeon E5-2686(Broadwell)を搭載し、DDR4のメモリ と大容量で高速なL3キャッシュを利用可能 • バージニア、オハイオ、オレゴン、北カリフォルニア、アイルランド、 フランクフルト、シドニー、北京、GovCloudで本日から利用可能 R4 モデル vCPU RAM NW帯域 r4.large 2 15.25GB 最大10Gbps r4.xlarge 4 30.5GB 最大10Gbps r4.2xlarge 8 61GB 最大10Gbps r4.4xlarge 16 122GB 最大10Gbps r4.8xlarge 32 244GB 10Gbps r4.16xlarge 64 488GB 20Gbps
  8. 8. EC2の新インスタンスファミリI3を発表 • I2インスタンスの後継としてNVMeベースのSSD を搭載したI3インスタンスを発表 • 負荷の高いリレーショナルデータベースや、 NoSQLデータベースに最適 • 低遅延のNVMe接続のSSDを搭載し4KBランダム アクセスで最大3,300,000IOPS、16GB/sを実現 • 6種類のインスタンスタイプを提供予定。最大 64vCPU、488GBメモリ、15.2TBのSSDストレー ジを搭載 • Elastic Network Adaptor(ENA)をサポート I3
  9. 9. EC2の新インスタンスファミリC5を発表 • C4インスタンスの後継として、Skylakeコアの Xeonを搭載したC5インスタンスを発表 • 前世代のBroadwell(C4に搭載)と比較して、AVX- 512命令セットを利用可能で機械学習やマルチメ ディア、科学技術計算などに向く • 6種類のインスタンスタイプ、最大72vCPUと 144GBのメモリを搭載する • Elastic Network Adaptor(ENA)をサポートし、 EBS最適化オプションがデフォルトで有効となる C5
  10. 10. EC2の新インスタンスファミリF1を発表 • FPGAを搭載し高性能計算用途に最適なF1を発表 • Intel Xeon E5-2686v4(2.3GHz, Turbo mode対応)と 1個から8個のFPGA(Xilinx UltraScale+ VU9P)、最大 976GBのメモリ、4TBのNVMe接続のSSDを利用可能 • FPGA Developer AMIを提供。FPGA向けアプリケー ションはVHDLまたはVerilogを利用して開発する • サンプルアプリケーション等はF1 Hardware Development Kit(HDK)として提供 • バージニアリージョンにてデベロッパープレビューを実 施中。他リージョンへの展開も準備中 F1
  11. 11. Amazon EC2 Elastic GPUsを発表 • GPU搭載していないインスタンスタイプ でも利用可能なElastic GPUsを発表 • アタッチするだけで高度なグラフィクス アクセラレーション機能を利用可能に • 現時点ではWindowsでのOpenGLをサ ポートする。他のAPIについては後日対応 予定 – DirectX – Vulkan • 利用可能時期は追って発表予定 タイプ GPU メモリ 対応OS API eg1.medium 1024MB Windows OpenGL eg1.large 2048MB Windows OpenGL eg1.xlarge 4096MB Windows OpenGL eg1.xlarge 8192MB Windows OpenGL
  12. 12. EC2 Systems Managerを発表 • EC2インスタンスやオンプレミスの構成管理を自動化 するためのサービス • 様々な運用タスクの自動化が可能 – WindowsのOSパッチ適用 – システムイメージの作成 – Windows/LinuxのOS設定 など • AWS Configとの連携により、OSレベルの設定 変更の履歴を見える化することができる • EC2 Systems Managerは無料で利用可能
  13. 13. Amazon ECS タスク配置が簡単に制御可能に • Amazon ECS クラスタ上にどのようにタスクを配置するか制御する機能 – タスク配置戦略: タスク配置およびタスク終了のためのインス タンスを選択するアルゴリズム(bin pack, random, spread) – タスク配置制約: タスク配置中に考慮されるルール (distinctInstance,memberOf) – 属性: コンテナインスタンスへのカスタムメタデータ(組み込み, カスタム) • 例: アベイラビリティゾーンに渡って幅広く配置しながら、各ゾーンでは メモリを基準に詰め込む https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/introducing-amazon-ecs-task-placement-policies/
  14. 14. ECS向けのオープンソーススケジューラ Bloxを発表 Cluster-State- Service daemon-scheduler • Amazon ECS向けコンテナ管理およびオーケ ストレーションツール群を提供するオープン ソースプロジェクト • ECS向けカスタムスケジューラによるタスク の制御、3rd Partyスケジューラとの連携 • クラスターのスケールも管理 • GitHubをレポジトリとして利用し、Issueや Pull Requestを管理 http://blox.github.io
  15. 15. AWS LambdaがC#をサポート • AWS LambdaでC#によるアプリケーションを実 行可能に。.NET Core 1.0ランタイムで稼働する • AWS Toolkit for Visual Studioに含まれるC#ア プリケーションのテンプレートを利用して、開発 を行うことができる • AWS CLIやManagement Consoleも利用可能。 ランタイムとして”C#”を選択し、パッケージン グしたZipファイルをアップロードする • 東京リージョンでも利用可能
  16. 16. AWS LambdaのDead Letter Queue • ファンクションの実行エラー時にSQSのキューま たはSNSトピックにその情報を通知できるように • 単純な実行エラーの通知のほかに、原因分析のた めにも有用な情報源となる • 2回のリトライを行い、すべてエラーとなった場 合に通知が行われる • S3やSNSからイベントが発行される、非同期呼び 出しで利用できる 失敗時の 情報 DLQ
  17. 17. Amazon Lightsailを発表 • 単純な構成のサーバが必要な際に、数回のク リックで、いわゆる仮想専用サーバ(VPS)のよ うに使い始めることができるサービス • サーバリソース、SSDベースのストレージ、 データ転送料金が含まれた定額制の料金体系 • 複雑な設定を行うことなく、アプリケーション の実行環境を入手し、使い始めることができる • バージニアリージョンで本日から利用可能。他 リージョンへの展開は順次実施予定 メモリ CPU コア SSD データ 転送量 料金 (米国) 512MB 1 20GB 1TB $5/月 1GB 1 30GB 2TB $10/月 2GB 1 40GB 3TB $20/月 4GB 2 60GB 4TB $40/月 8GB 2 80GB 5TB $80/月
  18. 18. AWS Batchを発表 • フルマネージド型のバッチ処理実行サービス • 並列度の高い非同期処理を、クラスタの管理を 行うことなしに容易に実現できる • ジョブとして登録したアプリケーションやコン テナイメージをスケジューラが実行 • 利用するインスタンスタイプや数、スポット利 用有無などはCompute Environmentとして任 意に指定可能 • AWS Batchの利用料金は無料。起動したリソー スについて課金される。バージニアリージョン にてプレビューを実施中 AWS Batchで管理 処理を 依頼 スケジュール 実行
  19. 19. Storage
  20. 20. Amazon S3/Glacierの値下げを発表 • Amazon S3とGlacierについてストレージ費 用の値下げを発表。2016年12月1日利用分よ り自動的に適用 • Amazon S3-約24%OFF – 0-50TB : GBあたり$0.025/月 – 51TB-500TB : GBあたり$0.024/月 – 501TB以上 : GBあたり$0.023/月 • Amazon Glacier-約56%OFF – GBあたり$0.005/月 – 新しいデータ取り出し料金も(次ページ) ※詳細な価格情報はこちらを参照 https://aws.amazon.com/jp/ec2/pricing/
  21. 21. S3向けに4つのストレージ管理機能を発表 • S3 Object Tagging: オブジェクト毎のタグ付けをサポート。IAMのアクセス 権制御にも利用可能 • S3 Analytics, Storage Class Analysis: アクセス頻度を解析し、標準-低頻度アクセスに移行す るタイミングを提案。利用量を見える化する機能も • S3 Inventory: S3に格納されたオブジェクトのリストを定期的にCSV形 式で出力することが可能に • S3 CloudWatch Metrics: S3関連のメトリクスをCloudWatchで参照できるように なった。情報抽出の対象を絞ることもができる
  22. 22. Glacierの新たなデータ取り出しオプション • これまでは一律3-5時間の待ち時間が必要だったが、 より高速・低速な選択肢を新たに利用可能に • 高速取り出しではリソースの予約が可能。1Unitあたり3 回/5分のリクエストと最大150MB/sの帯域を利用できる 高速 Expedited 標準 Standard バルク Bulk 待ち時間 1-5分 3-5時間 5-12時間 取出費用 $0.033/GB $0.011/GB $0.00275/GB リクエスト費用 OnDemand: $0.011/1req Provisioned: $110/Unit/月 $0.0571/1,000req $0.0275/1,000req ※月間10GBまでの取り出しは無料 ※詳細な価格情報はこちらを参照 https://aws.amazon.com/jp/glacier/pricing/
  23. 23. SGWのファイルゲートウェイを発表 • Storage Gatewayに新たな動作モード「ファイルゲー トウェイ」が登場 • 他サーバからはNFSで接続。書き込んだファイルはS3 にそのまま転送され、S3を直接読み書きすることも • 従来と同じようにキャッシュを持つため、キャッシュ 済みのファイルは高速にアクセスが可能 • 一度S3に格納されたオブジェクトは、ライフサイクル ポリシーやリージョン間コピーを実行できる • 現時点ではオンプレミスのVMware基盤上でのみ稼働
  24. 24. AWS Storage Gatewayの値下げを発表 • ストレージコスト – ボリュームと仮想テープ:GBあたり$0.025/月 – アーカイブ済み仮想テープ:GBあたり$0.005/月 • アプライアンス利用料金(東京$119/月)の改定 – アプライアンス利用量の月額課金は無料に – 書き込み1GBあたり$0.01(東京で最大$119/月) • 仮想テープライブラリにおけるアーカイブ済み 仮想テープからの取り出し料金改定 – 取り出し1GBあたり$0.01に ※詳細な価格情報はこちらを参照 https://aws.amazon.com/jp/storagegateway/pricing/
  25. 25. AWS Snowball Edgeを発表 • 100TBの容量を備えた新型Snowballアプライアンス、 Snowball Edgeをラインナップに追加 • 接続インタフェースの拡張とともに、クラスタリングをサポー ト。複数台を束ね、容量の増加とともに耐久性の向上を図るこ とができる。サーバラックへの搭載にも対応 • S3 APIまたはNFS(v3/v4.1)によるアクセスをサポート。 • Lambdaの技術を内包(Greengrass)しており、筐体内部で Pythonのアプリケーションコードを実行可能 • 1回のレンタルで10日まで$300(+送料)、11日目から延長1日 あたり$30の料金。Lambdaファンクションの実行は無料
  26. 26. AWS Snowmobileを発表 • AWS Snowballを超える超巨大データ移行アプ ライアンス、Snowmobileを発表 • 最大100PBのキャパシティを45フィート国際海 上コンテナ規格に集約、お客様サイトまでト レーラーでお届け(電源は350KWのAC) • 40Gbpsのインタフェースを複数搭載し、最大 1Tbpsのスループットでデータを書き込み可能 • リリース時点ではデータインポート(AWSへの 持ち込み)のみサポート • 米国リージョンで利用可能 ※45フィート国際海上コンテナ: http://www.pa.thr.mlit.go.jp/kakyoin/info/info004-01.html
  27. 27. Database
  28. 28. Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Editionを発表 • PostgreSQL 9.6.1互換のAuroraとしてAmazon Aurora PostgreSQL-Compatible Editionを発表 • MySQL互換のAuroraと同じストレージシステムを採 用し、PostgreSQLの2倍のスループットを実現 • RDS for PostgreSQLで利用可能な機能は同様にサ ポート予定。PL/Perl, PL/pgSQL, Tcl, JavaScript(V8 JavaScript Engine)対応も • RDS for PostgreSQLのスナップショットからの移行 をサポート
  29. 29. SQL Transactions AZ 1 AZ 2 AZ 3 Caching Amazon S3 • SSDを利用し、最大64TBまでシームレ スにスケールするストレージシステム • リードレプリカが同じストレージを参照 する構造をもち、レプリカラグを最小化 • 3AZのそれぞれに2つのデータを複製。 うち2つで障害が起きても読み書きに影 響なし。3つの場合も読み込みが可能 • 継続的にS3へ増分バックアップを実施。 パフォーマンスへの影響はない • 障害復旧やホットスポット管理、暗号化 と要ったタスクを自動的に実施する Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Editionを発表
  30. 30. • バージニアリージョンでプレビューを開始。今後 の展開等については準備ができ次第発表 • 料金はAmazon Aurora MySQL-Compatible Editionと同様 Amazon Aurora PostgreSQL-Compatible Editionを発表
  31. 31. RDS向けのPerformance Insightを発表 • DBの知識を持ったエンジニアがいな くとも、クエリパフォーマンスの評 価やDBの状態チェックを実施可能に する機能 • Amazon Aurora PostgreSQL- Compatible Editionには既に組み込 まれた状態でリリースされる • 他のデータベースエンジンにも順次 展開予定
  32. 32. RDS MySQL から Aurora へ簡単に移行できるように • Amazon RDS for MySQL データベースを Amazon Aurora に Aurora Read Replica を作成して移行する機能が利用可能に - これまでもスナップショットを作成して移行できたが、スナップショットを作 成した後の更新内容は、2 つのデータベース間でのレプリケーションを手動で 設定する必要があった - このアップデートにより、AWS マネジメントコンソールで、スナップショット の作成、復元、残りの更新内容のレプリケーションが 1 つのステップで処理さ れるため、今まで以上に Amazon Aurora への移行が容易に https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/01/easy-migration-from-rds-mysql-to- aurora/
  33. 33. Redshiftのオブジェクト名で日本語をサポート • テーブルやカラムの名称として日本語を含め たUTF-8のマルチバイト文字を利用可能に • 最大で127バイトまで。日本語は1文字を3バ イトで表現するため、文字列長には注意 • マルチバイト文字のテーブル名やカラム名を 利用するにはドライバのアップデートが必要 – JDBCドライバー : 1.2.1以降 (http://amzn.to/2du0Llo) – ODBCドライバー : バージョン1.3.1以降 (http://amzn.to/29SwNWK) 商品 コード 品名 単価 数量 1192 みかん 100 12 794 みりん 500 4 1594 メロン 400 56 1603 めかぶ 200 7 1867 きなこ 300 9
  34. 34. Networking & Content Delivery
  35. 35. VPC内のEC2インスタンスがIPv6をサポート • VPC内のEC2インスタンスでIPv6をサポー ト。対象はM3/G2以外の現行世代のインス タンスタイプ • IPv6環境下でプライベートサブネットを実 現するためにEGW(Egress only Internet Gateway)を利用することになる • 追加料金なし • オハイオリージョンにて利用可能。他リー ジョンには順次展開予定
  36. 36. EC2-Classic から EC2-VPC へ Elastic IP アド レスの移行が可能に • Elastic IP Migration を使用すると、EC2-Classic で関連付けられていない Elastic IP Addresses を EC2-VPC に移行し、必要に応じて元に戻すこと が可能に - これにより、ワークロードを VPC に移行した後、同じ Elastic IP Addresses を使用可能 • Elastic IP Migration は、「Elastic IP を EC2-Classic から EC2-VPC にス コープを変更」「移動」「復元」の3つの機能を実現したもの • Elastic IP Migration は、8つのリージョンで使用可能 - us-east-1,us-west-1,us-west-2,eu-west-1,ap-northeast-1,sa-east-1, ap- southeast-1,ap-southeast-2 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/01/announcing-elastic-ip-address- migration-from-ec2-classic-to-ec2-vpc/
  37. 37. Amazon Virtual Private Cloud (VPC) の Elastic Load Balancing でインターネットプロ トコルバージョン 6 (IPv6) をサポート • Application Load Balancer が、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) で ネイティブインターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) をサポート - この機能により、クライアントは IPv4 または IPv6 経由のデュアルス タックモードで Application Load Balancer に接続可能に - VPC で IPv6 を有効にしたら、ロードバランサーの設定時に IP アド レスタイプに対してデュアルスタックを選択して、Application Load Balancer で IPv6 を有効にできる - IPv4 に対して行うように、Application Load Balancer で IPv6 トラ フィックのセキュリティグループコンソールを通じて設定されたセ キュリティグループを割り当てることもできる https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/01/announcing-internet-protocol-version- 6-ipv6-support-for-elastic-load-balancing-in-amazon-virtual-private-cloud-vpc/
  38. 38. Lambda@Edgeを発表 • Lambdaベースの処理をCloudFrontのエッジロケー ションで実行し、リアルタイムにヘッダー、URLなど の編集可能に • アプリケーションはJavaScript(Node.js)で記述し、利 用可能メモリは128MB、実行時間の上限は50ms • 実行のタイミングは下記の4種類 – Viewer Request:リクエスト受信時に実行 – Viewer Response:クライアントへの応答時に実行 – Origin Request:キャッシュが無い場合に実行 – Viewer Response:オリジンからの応答受信時に実行 • リミテッドプレビューを開始 ヘッダなど を編集!
  39. 39. CloudFrontのRegional Edge Cacheを発表 • エッジロケーションからオリジン間に配置 する中間キャッシュサーバを追加コストな しで自動的に利用可能に • 物理的に様々な場所からアクセスが行われ る場合に、オリジンに対するコンテンツ取 得を削減することができる • Regional Edge Cacheは東京、北バージニ ア、オレゴン、サンパウロ、フランクフル ト、シンガポール、ソウル、ムンバイ、シ ドニーの9カ所に設置 中間キャッシュ から送出
  40. 40. Developer Tools
  41. 41. AWS CodeBuildを発表 • 構築不要でスケーラビリティを備えビルドと テストが実行可能なマネージドサービス • 分単位の時間課金 • ソースレポジトリとして、AWS CodeCommit、 GitHub、S3を利用できる • ビルド環境としてLinuxのAndroid/Java/ Python/ Ruby/Go/Node.js/Dockerをサ ポート。カスタムビルド環境も構築可能 • CodePipelineと連携しCI/CD環境を実現 • バージニア、オレゴン、アイルランドのリー ジョンで利用可能 タイプ RAM vCPU 料金 (米国) build.general1.small 3GB 2 $0.005 /min Build.general1.medium 7GB 4 $0.010 /min Build.general1.large 15GB 8 $0.020 /min
  42. 42. AWS CodeDeploy が Blue/Green デプロイを導入 • AWS CodeDeploy で Blue/Green デプロイが使用できるように - これにより既存のデプロイタイプは、インプレイスデプロイと呼ばれるようになり、 2つのデプロイタイプから選べるように • Blue/Green デプロイにより、本稼働トラフィックを送信する前に新しいアプリケー ションバージョンをテストできる - 新しくデプロイされたアプリケーションバージョンで問題がある場合は、インプレイ スデプロイよりも速く以前のバージョンにロールバックできる • CodeDeploy では、Blue/Green デプロイの特定の設定を選択できる - たとえば、新しいインスタンスを手動でプロビジョニングしたり、既存の Auto Scaling グループをコピーして CodeDeploy で自動的にプロビジョニングすること ができる - 新しいインスタンスにトラフィックを再ルーティングするタイミング、トラフィック をルーティングするレート、および完了時に古いインスタンスを終了するかどうかが 選択できる https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/01/aws-codedeploy-introduces-blue- green-deployments/
  43. 43. AWS X-Rayを発表 • End-to-Endで分散アプリケーション環境へのリクエスト トーレスを取得し、デバッグ・分析を行うマネージドサー ビス • アプリケーションにSDKとAgentを実装することで、ト レースデータをX-RayにJSONで送付 • 言語はNode.js, Java, C#.NETをサポートし、今後順次追 加予定 • トレースデータを元に、サービスマップの生成と、レスポ ンスタイム含む詳細情報を収集。コンソール/AWS API/CLIによりデータ分析が可能 • GovCloud/北京除く各リージョンでプレビュー実施
  44. 44. Security & Identity
  45. 45. AWS Organizationsを発表 • いくつものAWSアカウントを運用しているお客 様向けの統合管理機能をリリース • 複数のアカウントをそれぞれの用途に応じて Organizational Unit(OU)に分類し、OU毎に操 作可能なサービスを制限できる • IAMによるアクセス制御と組み合わせて利用す ることが望ましい。Organizationsによる制限 はIAMで設定した権限よりも優先される • まずはプレビューとして公開。追加コストなし で利用できる
  46. 46. AWS Shieldを発表 • マネージドDDoSプロテクションサービス • 無償版のAWS Shield for Everyoneと有償版の AWS Shield Advancedをご用意 AWS Shield for Everyone AWS Shield Advanced • ネットワークフローモニタリングによるクイック検知 • 一般的なL3/L4レイヤーへのアタックからのプロテクショ ン機能 • パケットフィルター、優先度をつけたトラフィック シェーピング等の技術を使いアプリケーションへの影響 を与えず、攻撃を軽減 • 全てのリージョンで利用可能 • 大規模かつ高度な攻撃に対する包括的な防御を実施 • CloudFront, Route53, ELBにて利用可能。 AWS WAF の利用料金も含む • アドバンスなL3/L4レイヤーへのアタックからのプロテク ション機能 • ほぼリアルタイムにCloudwatchに分析・調査情報を通知 • 24x7 連絡可能なDDoS Response Teamによるスペシャ ルサポート • 年契約による$3,000/月とデータ転送コスト ※詳細な価格情報はこちらを参照 https://aws.amazon.com/shield/pricing/
  47. 47. Amazon Cloud Directory が一般利用可能に • 完全マネージド型のクラウドディレクトリサービス • 特徴 - 複数ディメンジョンにまたがる階層を持つディレクトリを構築・管理可能 (従来のAD LDSやLDAPは単一の階層のみが可能) - 何億というオブジェクトへのスケールが可能 - インフラストラクチャのスケールやサーバの管理が不要 - スキーマを定義し、ディレクトリを作成してCloud Directory APIにてデータ投入が可能 • 料金 - 初期費用なしの使用量に応じた課金 - 新規利用者は、1か月あたり100,000回の読み取りおよび10,000回の書き込みと1GBのス トレージが12か月間無料 • 利用可能リージョン - オハイオ、バージニア北部、オレゴン、アイルランド、シドニー、シンガポール https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/01/amazon-cloud-directory-now-generally-available/
  48. 48. Management Tools
  49. 49. CloudWatchアップデート① • データの保持期間を15ヶ月に延長。データの 粒度によって遡って参照できる期間が異なる – 1分毎のデータポイント : 15日間 – 5分毎のデータポイント : 63日間 – 1時間毎のデータポイント : 15ヶ月間 • コンソールのデザインが改善され、メトリク スの選択やビジュアライズがさらに容易に • CloudWatchとCloudWatch Logsの連携が強 化され、グラフで指定した期間のログを容易 に参照することが可能に
  50. 50. CloudWatchアップデート② • EBSスナップショットの作成やコピーの完了、 共有をトリガに、CloudWatch Eventsにイベ ントを引き渡せるようになった • CloudWatchでパーセンタイル統計が利用可 能に。これによって平均では埋もれてしまう データを正しく解釈することが容易になる • カスタムメトリクス利用料の値下げを発表。 メトリクス数に応じて40%から最大96%オフ となり、2016年12月1日から自動適用 メトリクス数 新料金 割引幅 11~ 10,000 $0.30 / Metrics 40% 10,001~ 240,000 $0.10 / Metrics 80% 240,001~ 750,000 $0.05 / Metrics 90% 750,001+ $0.02 / Metrics 96% ※料金はバージニアリージョンのもの。最初の10メトリクスまでは無料となる
  51. 51. CloudTrailがS3のオブジェクト操作ログに対応 • CloudTrailでS3のオブジェクト操作に関する APIコールの履歴をデータイベント(Data Event)として取得できるようになった • データイベントの取得はバケット単位で指定 が必要。取得するイベントの種類(読込・書込 など)はイベントセレクタで選択可能 • データイベントの記録料金は10万件あたり 0.1ドルとなる ※他は従来どおり10万件あたり2ドル
  52. 52. OpsWorks for Chef Automateを発表 • マネージドChef ServerとChef Automateを OpsWorksと連携させたサービス • Chef AutomateによりCookbookとコードの Continues Deploymentワークフローの制御、コン プライアンスやセキュリティテストの実施を実現 • OpsWorksはシステム環境のプロビジョン、パッチ 適用、バックアップ、Chef Serverの管理を実施 • Chef Serverへの接続ノード数毎に時間課金 • バージニア、オレゴン、アイルランドの各リージョ ンで利用可能 https://www.chef.io/chef/ OpsWorks
  53. 53. Analytics
  54. 54. QuickSightが一般利用可能に • 様々なデータソースからSPICEエンジンに データを取り込み、高速にデータを分析 • オンプレミスDBやSalesforceのデータもコネ クタを介した取り込みに対応 • 利用するSPICEエンジンのキャパシティや機 能に応じた柔軟なプランを設定。無料利用枠 や60日間のトライアルもご用意(※) • バージニア、オレゴン、アイルランドの3 リージョンで今すぐに利用できる ※料金はWebサイトにて(https://quicksight.aws/pricing/)
  55. 55. Amazon Athenaを発表 • Amazon S3においたファイルに対してインタラ クティブにSQLでクエリを実行できるサービス • ペタバイトクラスのデータに対するクエリをサ ポート。データをS3から取り込む手間はない • ANSI-SQLをサポート。特殊なスキルを習得する 必要はなく、誰でも容易に扱える • バージニア、オレゴンのリージョンで利用可能 • スキャンしたデータ1TBあたり$5の料金(米国)
  56. 56. Amazon Athenaを発表 • CSV/TSV/JSON/Apache logなど多様な フォーマットをサポート。複数ファイルも扱 え、カタログマネージャで管理する • クラスタ管理は不要だが、テーブル定義は必 要。テーブル定義はDDLかコンソールにて • AthenaはPrestoベースの実装。従って PrestoのSQLクエリの大部分を実行できる • マネジメントコンソールからのクエリ発行だ けでなく、Athena JDBCドライバが提供さ れるため既存のツールとの連携が容易
  57. 57. AWS Glueを発表 • フルマネージドデータカタログ & ETLサービ ス • データソースの所在を管理、分析用データの 準備、適切なデータストアへのデータ格納を 実施 • 自動的にトランスフォーメーションの生成 • スケジューリングによるジョブの実行と管理 • S3, RDS, Redshift その他 JDBC対応データ ストアをサポート • プリアナウンスサービス
  58. 58. Artificial Intelligence
  59. 59. Amazon Rekognitionを発表 • 深層学習の技術を利用した画像認識のマ ネージドサービス • 学習済みモデルを利用して、画像の「状 況」「人物の顔」「物体」を検出 • S3に格納した画像に対して解析を行うこと で、マッチする状況や物体名を受け取れる • バージニア、オレゴン、アイルランドの リージョンで利用可能。月5,000回の認識 と年間1,000個の顔ベクトル情報まで無料 利用枠の対象となり、以後従量課金制 ※動作イメージ Apple!!
  60. 60. Amazon Rekognitionを発表
  61. 61. Amazon Lexを発表 • 音声またはテキストメッセージに応答するチャッ トボット開発を容易にするサービス。Amazon Alexaと同等の自然言語エージェントを開発可能に • 自然言語の入力を解析しその意味合いに応じたア プリケーションコードを実行することにより、 ユーザとのインタラクションを実現 • バージニアリージョンでプレビュー中。10,000テ キストと5,000音声の入力まで利用開始から1年間 は無料。以後1,000テキストあたり$0.75、1,000 音声あたり$4.00となる
  62. 62. Amazon Lexを発表
  63. 63. Amazon Pollyを発表 • フルマネージド型の”Text-to-speech”機能を提供 する新サービス。APIを利用して文章をPollyに渡す と音声ストリームまたはファイルの形式で音声化 • 24の言語、47種類のボイス(男性、女性)に対応。 日本語もサポートしている • プロ声優による音声。Pollyで出力された音声デー タは自由に利用できる • バージニアとオレゴン、アイルランド、オハイオ のリージョンでプレビュー提供を開始 Open the pod bay door please, HAL. Open the pod bay door please, HAL.
  64. 64. Amazon Pollyを発表 • 料金体系は従量課金 – 5,000,000文字までは無料 – 以後、1文字あたり$0.000004 • 英語の場合、一般的に1分の音声出力で概ね $0.004くらいの課金になる
  65. 65. Internet of Things
  66. 66. AWS Greengrassを発表 • IoTデバイスとゲートウェイデバイス、AWS上のリソー スとの連携を容易にする新サービス • ゲートウェイでGreengrass Core(GGC)を実行する。 Lambdaファンクションを実行可能で、AWSとの連携 や認証、周辺のIoTデバイスとの通信を司る • IoTデバイスではIoT Device SDKを利用してセンサー データの収集やMQTTメッセージの送信を行う。ステー タス管理はAWS IoTのデバイスシャドウで実施する • 現時点ではリミテッドプレビューの扱い。GGCデバイス 3つまで1年間無料、以後1GGCデバイスあたり$0.16/ 月または$1.49/年となる(10,000以上は応相談) IoTデバイス群 (with IoT Device SDK) ゲートウェイデバイス (Greengrass Core) 工場、オフィスなど
  67. 67. Game Development
  68. 68. Amazon Lumberyard Beta 1.7 が利用可能に • Amazon Lumberyard Beta 1.7 が利用可能に - Amazon Lumberyard Beta 1.7 は 最高品質のゲームを作成し、 ゲームをAWSクラウドの膨大なコンピューティングとストレー ジに接続し、Twitch でファンを連携させることができる Amazon の無料のクロスプラットフォーム 3D エンジンに対す る 403 の新しい改善点、修正点、および機能を含む - その他、Visual Studio 2015のサポート、新しいEditorレイア ウト、VRのSpherical Video Playbackのサポート、Geppetto character tool の UX の改良、オーディオ、ライトニング、複 合図形、アニメーションをサポートする新しいコンポーネント エンティティ、Twitch ChatPlayのアップデート、 Metastream、最新のAWS 1.0.24 SDKとの統合などが含まれ る https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/01/amazon-lumberyard-beta-1-7-now-available- adds-deployment-tool-asset-browser-multiplayer-sample-visual-studio-2015-support-and-more/
  69. 69. Mobile Services
  70. 70. AWS Pinpointを発表 • モバイルアプリケーション向けターゲットプッシュ通知 サービス • クライアントデバイスからエンゲージ情報を収集し、 ユーザのセグメントおよびファンネル分析を実施 • カスタムイベントやカスタムアトリビュートを利用し、 特定セグメントに対するキャンペーン通知と結果の再分 析や、A/Bテスト分析に活用 • スケジュール通知やサイレント通知にも対応 • 送信メッセージ数、受信イベント数、ターゲットユーザ 数毎に課金 • バージニアリージョンにて提供を開始 ※価格情報はこちらを参照 https://aws.amazon.com/pinpoint/pricing/
  71. 71. Application Service
  72. 72. SQSの新しいFIFOキューと値下げ • 従来から利用可能だった標準キューの料金を 20%値下げし、100万件あたり0.4ドルに • 新たにFIFOキューを発表 – メッセージを「先入れ先出し」で扱える – 同じメッセージを1度だけ取得可能に – 最大で秒間300トランザクションまで対応 – 費用は100万件あたり0.5ドル • FIFOキューはオハイオとオレゴンのリージョ ンで利用可能。他リージョンへは2017年の早 い時期に展開予定 SQSの標準キューのイメージ SQSのFIFOキューのイメージ ※料金はバージニアリージョンのもの。毎月100万件までは無料で利用可能
  73. 73. AWS Step Functionsを発表 • ワークフローが複雑で、条件分岐が発生するような 処理を容易にデザインおよびステップ管理できる サービス • ワークフローはJSONで定義し、個々の処理ステップ は、Lambda関数、EC2やECS上のアプリケーション で実装可能 • バージニア、オハイオ、オレゴン、アイルランド、 東京リージョンで利用可能 • 毎月4,000回のState Transition(処理間の遷移)の呼 出しは無料。それ以上は1,000回毎に$0.025となる
  74. 74. Desktop & App Streaming
  75. 75. WorkSpacesでWin10のUIが利用可能に • Amazon WorkSpacesでWindows 10のルッ ク&フィールが利用できるようになった – Windows 7のUIもひきつづき利用可能 • 従来のWorkSpacesと同様に実態はWindows Serverだが、Windows Server 2016で提供 • Windows 10 UIを選択した場合、Plusバンド ルで利用できるのはOffice 2016となる • WorkSpacesが利用可能な全リージョンにて提 供を開始
  76. 76. WorkSpacesアップデート • GPUを搭載したGraphicsバンドルをリリース – NVIDIA GPU(1,536CUDAコア、4GB VRAM) – 8vCPU、15GB RAM、100GB Disks – 料金は$30/月+$2.41/時間となる • 専用クライアントを利用せず、ブラウザから のWorkSpaces環境へのアクセスが可能に – ネットワークに制約がある環境下でも利用可能 – Windows/MacOSで稼働するFirefoxまたは Chromeからの接続をサポート – 追加料金は不要だが、有効化が必要。既存環境 はリビルドを行うと利用可能に ※2016年12月2日時点の東京リージョンの金額です
  77. 77. Amazon WorkSpaces で追加コスト無しで SSD が使用 可能に • すべての新しい Amazon WorkSpaces は、追加費用なしで汎用 SSD EBS ボ リュームが使用可能に - これにより、ディスクのレイテンシーにセンシティブな アプリケーションを実行する際に、アプリケーションの 起動時間が改善され、ユーザーエクスペリエンスが向上 • すべての新しい WorkSpaces は、サポートされるすべてのリージョンで、汎用 SSD EBS ルートおよびユーザーボリュームで自動的に起動される • 既存の WorkSpaces は SSD EBS ボリュームに再構築することで切り替えるこ とができる https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/01/amazon-workspaces-now-use-solid- state-drives-ssd-at-no-additional-cost/
  78. 78. Amazon AppStream 2.0を発表 • フルマネージドのアプリケーションストリーミン グサービス • アプリに場所・デバイスを問わずブラウザから簡 単・セキュアなアクセスを実現 • NICE DCVの技術を採用し、高いパフォーマンス とセキュリティを両立 • 時間課金とは別にMicrosoft RDS SALの料金 $4.19/ユーザ/月が必要(BYOL可) • バージニア、オレゴン、アイルランド、東京リー ジョンで利用可能 ※詳細な価格情報はこちらを参照 https://aws.amazon.com/appstream2/pricing/
  79. 79. Amazon AppStream 2.0 Image Builder が利 用可能に • 既存のデスクトップアプリケーションをAppStream 2.0へ 容易にインポート可能に - AppStream 2.0はデスクトップアプリケーションをデバイスを問わず セキュアに実行するためのアプリケーションストリーミングサービス • Image Builderインスタンス上でアプリケーションのインポート、インストール、 テストを実施することで、ストリーミングインスタンスで使用するイメージを 作成 • Image Builderインスタンスのスペックと稼働時間に対する課金 • AppStream 2.0が利用可能なすべてのリージョン(バージニア北部、オレゴン、 アイルランド、東京)で利用可能 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/01/amazon-appstream-2-0-image-builder-is-now-available/
  80. 80. その他
  81. 81. AWS Personal Health Dashboardを発表 • お客様が保有しているAWSリソースに関するメンテナ ンスイベントを集約するダッシュボード機能を提供 • アカウント毎に影響を受ける各種AWSサービスのメン テナンス通知やサービス障害情報を統合してダッシュ ボードに表示 • 通知後の自動アクションを、CloudWatch Eventや Lambdaとの連携したり、APIを通じて3rd Party製の既 存監視システムとの連携も可能 • 全リージョン、全アベイラビリティゾーンで利用可能
  82. 82. 新たに2つのAWSコンピテンシーを発表 • AWSコンピテンシープログラムは、APNパー トナーが特定の分野の専門知識を持っている ことをAWSが認定するプログラム • 既存の14種類に加え、今回新たに2種類が追 加となった – IoT – Finacial Services • SORACOM様がIoTコンピテンシーのローン チパートナーとして認定を取得!
  83. 83. AWS Service Delivery Programを発表 • Amazon AuroraやAWS Lambda、Amazon Redshiftなど、特定のプロダクトに関するナ レッジを保有するAPNパートナーの認定プロ グラム • ポータルサイトで、各プロダクト毎に認定を 保有するAPNパートナーを地域毎に、簡単に 検索することが可能 • 認定基準として、対象サービスにフォーカス した事例やトレーニングの受講が含まれる
  84. 84. AWS Partner Solutions Finderを発表 • APNパートナー様が提供する様々なソリューションがさらに探しやすくなるツー ルを発表。業種や用途、AWSのプロダクト名などで検索が可能に • こちらからアクセス https://aws.amazon.com/partners/find/
  85. 85. 公式Twitter/Facebook AWSの最新情報をお届けします @awscloud_jp 検索 最新技術情報、イベント情報、お役立ち情報、 お得なキャンペーン情報などを日々更新しています! もしくは http://on.fb.me/1vR8yWm

×