Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Amazon ECSとDevOps

4.368 Aufrufe

Veröffentlicht am

Amazon ECSとDevOps - SA 岩永亮介(@riywo)
JAWS-UGコンテナ支部×JAWS-UG CLI専門支部 #1で発表した資料です

Veröffentlicht in: Technologie
  • Follow the link, new dating source: ❶❶❶ http://bit.ly/2F4cEJi ❶❶❶
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Dating for everyone is here: ❤❤❤ http://bit.ly/2F4cEJi ❤❤❤
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier

Amazon ECSとDevOps

  1. 1. 1 Amazon ECSとDevOps Mar 22 @ JAWS Container / CLI Ryosuke Iwanaga Solutions Architect, Amazon Web Services Japan
  2. 2. 2 Agenda • DevOpsにおけるDockerの優位性 • Amazon ECS/ECR概要 • デモ
  3. 3. 3 DevOpsにおけるDockerの優位性
  4. 4. 4 DevOpsとは? DevOps = ライフサイクルを高速化する効率の良さ 開発者 顧客 releasetestbuild plan monitor デリバリのパイプライン フィードバックループ ソフトウェア開発のライフサイクル
  5. 5. 5 DevOps lifecycle Build Test ProductionDevelopment <> <> Application Code Artifact
  6. 6. 6 DevOps lifecycle Build Test ProductionDevelopment <> <> + AMI Provisioning Code Application Code Artifact Provisioning Code {} Config {} Config {} Config
  7. 7. 7 After Docker… + <>+ Build Test ProductionDevelopment <> <> + {} {} {}
  8. 8. 8 Amazon.comにおけるDevOpsの物語
  9. 9. 9
  10. 10. 10 モノリシックな開発のライフサイクル 開発者 releasetestbuild デリバリパイプラインアプリ
  11. 11. 11 • Service-Oriented Architecture (SOA) • 単一の目的 • APIでのみ連携 • “Microservices”
  12. 12. 12 • Two-pizza teams • 全ての主導権 • 全ての責任 • 良くしようとする動機 • “DevOps”
  13. 13. 13 Microservicesの開発ライフサイクル 開発者 デリバリパイプラインサービス releasetestbuild releasetestbuild releasetestbuild releasetestbuild releasetestbuild releasetestbuild
  14. 14. 14 Infrastructure for Docker and Microservices Build Test ProductionDevelopment Registry Service A Service B Service C
  15. 15. 15 Infrastructure for Docker and Microservices Build Test ProductionDevelopment Registry Service A Service B Service C • コンテナが稼働するインフラを管理する方法は? • どのサーバに、何のコンテナを、いくつ配置する? • コンテナのデプロイや、自動復旧はどうする? • イメージのレジストリをどうやって管理する?
  16. 16. 16 Amazon ECS Amazon ECR
  17. 17. 17 Amazon ECS/ECR概要
  18. 18. 18 Amazon EC2 Container Service (ECS) • 特徴(https://aws.amazon.com/ecs/) – 管理ノード不要の、安定かつ高パフォーマン スなクラスタ管理サービス – Serviceスケジューラで多様なロングランニ ングプロセスを実行する基盤に • コンテナを必要な台数稼働させる • ELB連携で、デプロイも簡単に – Run Taskでバッチジョブを実行する基盤に • どこかのEC2でコンテナを起動して処理させる • 価格体系 (https://aws.amazon.com/ecs/pricing/) – 無料 • 利用するEC2, EBS, ELBなどの料金のみ発生 管理されたEC2クラスタ上に、コンテナを自在に配置できる Amazon ECR Amazon ECS Elastic Load Balancing
  19. 19. 19 Amazon EC2 Container Registry (ECR) • 特徴(https://aws.amazon.com/ecr/) – 高可用性、スケーラブル、IAM連携、暗号化 – Dockerコマンドからシームレスに利用可能 – Amazon ECSなども連携済で簡単にデプロイ – 多くのパートナーが既に連携済のレジストリ • 価格体系 (https://aws.amazon.com/ecr/pricing/) – イメージの容量に対して課金 ($0.1/GB/月) – 転送量課金(他のAWSサービス同様) • 無料: 全てのINと同一リージョンへのOUT • 他リージョン、オンプレ等へのOUTは転送量に応じて フルマネージドで使えるDockerレジストリサービス Amazon ECS AWS Elastic Beanstalk
  20. 20. 20 デモ
  21. 21. 21 Demo: Endpoint per App x Branch on Amazon ECS /app1-master /app2-master /app2-topic1 2. Pull, Build, Push 1. Commit, Push + <>+ + <>+ + <>+ Dockerfile + App code 3. RunTask 4. Reload AWS CodeCommit AWS Lambda Amazon ECR Amazon ECS
  22. 22. 22 お知らせ • 6/19 – 21 DockerCon US 2016 @ SEA – 参加される人いれば、Seattle案内しますのでぜひ教えて下さい! (AWSはSeattleです) • Amazon ECSのステッカーあります – 欲しい方は、ハンズオンの間やイベント終了後にお声がけ下さい – ECS使って/使おうとしてのフィードバックも頂けると嬉しいです
  23. 23. 23

×