Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

20211209 Ops-JAWS Re invent2021re-cap-cloud operations

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Wird geladen in …3
×

Hier ansehen

1 von 48 Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Diashows für Sie (20)

Ähnlich wie 20211209 Ops-JAWS Re invent2021re-cap-cloud operations (20)

Anzeige

Weitere von Amazon Web Services Japan (20)

Aktuellste (20)

Anzeige

20211209 Ops-JAWS Re invent2021re-cap-cloud operations

  1. 1. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. re:Invent 2021 re:Cap - Cloud Operations updates O p s J A W S M e e t u p # 2 0 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 技術統括本部 Solution Architect Miki Tsuwazaki
  2. 2. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 内容についての注意点 • 本資料では2021年12⽉9⽇現在のサービス内容および価格についてご説明しています。最新の情 報はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認ください。 • 資料作成には⼗分注意しておりますが、資料内の価格とAWS公式ウェブサイト記載の価格に相違 があった場合、AWS公式ウェブサイトの価格を優先とさせていただきます。 • 価格は税抜表記となっています。⽇本居住者のお客様には別途消費税をご請求させていただきま す。 • AWS does not offer binding price quotes. AWS pricing is publicly available and is subject to change in accordance with the AWS Customer Agreement available at http://aws.amazon.com/agreement/. Any pricing information included in this document is provided only as an estimate of usage charges for AWS services based on certain information that you have provided. Monthly charges will be based on your actual use of AWS services, and may vary from the estimates provided.
  3. 3. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 津和﨑美希(つわざき みき) 技術統括本部 ソリューションアーキテクト 主に通信業界のお客様を担当し、お客様の AWS活⽤を様々な形でご⽀援するのが役割 好きなサービス︓マネージメントコンソール 興味のある技術領域︓Observability(可観測性) ⾃⼰紹介 Twitter: @Tsuwa61
  4. 4. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. アジェンダ • イベント概要 • Cloud Operations概要 • Cloud Operations 重要アップデートまとめ • [付録] その他アップデート
  5. 5. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
  6. 6. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS re:Invent イベント概要 • AWSによるクラウドコンピューティングについて の世界規模の『学習型』カンファレンス • 2021年11⽉29⽇(⽉)〜12⽉3⽇(⾦) • オフライン(ラスベガス)とオンラインの双⽅で開催。オンライ ン参加の場合は無料で参加可能 • 5つの基調講演と数多くのセッションをご提供 • AWS re:Invent 2021イベントサイト • https://aws.amazon.com/jp/about- aws/events/2021/reinvent/ • YoutubeでのAWS re:Invent 2021プレイリスト • https://youtube.com/playlist?list=PL2yQDdvlhXf9jfiZENJY PXX8GYUOzQCuT
  7. 7. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
  8. 8. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Cloud Ops Model COP218-L Ready, set, operate:The AWS Cloud Ops Modelより クラウド、オンプレミス、エッジで効果的な運用を提供することで、イノベーションをスピードアップします。 Automation and Security Availability Speed and safety Ease of use Sustain, Build, or Migrate Integration Migration Development Enable Governance Operate Observability Compliance Cloud Financial Management Agility Innovation Resiliency Controls People Process Technology
  9. 9. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Cloud Ops Model COP218-L Ready, set, operate:The AWS Cloud Ops Modelより クラウド、オンプレミス、エッジで効果的な運用を提供することで、イノベーションをスピードアップします。 Automation and Security Availability Speed and safety Ease of use Cloud Financial Management Agility Innovation Resiliency Controls People Process Technology
  10. 10. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
  11. 11. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. re:Invent前後の重要Update⼀覧 • Amazon CloudWatch 1. Amazon CloudWatch RUMを発表 2. Amazon CloudWatch Evidentlyを発表 3. Amazon CloudWatch Metrics Insightsを発表 • AWS Systems Manager 1. AWS Systems Manager Fleet Managerにより マネジメントコンソール経由でのRDP接続が可能に • AWS Chatbot 1. AWS ChatbotでSlackでのAWSリソース管理が可能に • AWS CloudFormation/CDK 1. AWS CFn StackSetが既存スタックのインポートに対応 2. AWS Cloud Development Kit(CDK) v2を発表 3. CDK開発者向けのConstruct Hubを発表 • EC2 Image Builder 1. EC2 Image Builder を使⽤して、 AMIを AWS Organizations および Organizations ユニットと共有する ことが可能に • AWS Control Tower 1. AWS Control Towerでデータ所在地の統制が可能に 2. AWS Control TowerがTerraformとの連携を強化 3. AWS Control Tower が、ネストされた組織単位をサポート • AWS Resilience Hub 1. AWS Resilience Hubの⼀般提供開始を発表 • AWS Well-Architected framework 1. AWS Well-Architected Sustainability Pillerを発表 2. Well-Architected Reviewをカスタマイズ可能に ※会期前後のものも含む Sustain,Build, or Migrate Enable
  12. 12. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
  13. 13. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Amazon CloudWatch RUMを発表 • Webアプリケーションのパフォーマンスをユーザ サイドからモニタすることでユーザ体験の改善に 役⽴つ、Real-User Monitoring(RUM)機能を発表 • エンドユーザの体験そのものをモニタし、ブラウ ザやデバイスの種類、物理的ロケーション、ネッ トワークの接続性の問題などを把握できる • ダッシュボードでページの読み込み順序やJavaScript/HTTPレス ポンスのエラーなど、パフォーマンス問題に関する情報を可視化 • 同じ問題の影響下にあるユーザセッション数を提⽰するため、改 修の優先順位を付けることが容易 • CloudWatch ServiceLens、AWS X-Rayと組み合わせるとクラ イアント・サーバサイドの相関関係トレースも実現できる • 東京を含む10のリージョンでご利⽤可能に ⼀ 般 提 供 開 始
  14. 14. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. One Observability WorkshopにCloudWatch RUMが追加 https://catalog.us-east-1.prod.workshops.aws/v2/workshops/31676d37-bbe9-4992-9cd1- ceae13c5116c/en-US/rum Workshopを実施することで、the pet adoption websiteのRUMでの監視が行えます。 JavaScript code を the PetSite applicationに追加し、デプロイし、リアルユーザーの状況を監視できます。
  15. 15. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Amazon CloudWatch Evidentlyを発表 • A/Bテストやフィーチャーフラグといった⼿法でど ちらの選択肢が望ましいか検証する際に、ユーザ の挙動をモニタリングするサービス • 新UIやレコメンデーション、サーバサイドの挙動 など、ビジネスに影響しうる要素の変更・導⼊時 に、データに基づいた良否の判断を可能にする • A/Bテスト、フィーチャーフラグで検証を⾏う際に、データに基 づいた判断を⽀援。開発者が新機能を安全に評価できる • トラフィックをコントロールするスケジュール機能や、問題発⽣ 時にロールバックするアラーム機能を備える • CloudWatch RUMと統合されており、RUMのメト リクスを利⽤可能 • 東京を始め9のリージョンで利⽤可能に ⼀ 般 提 供 開 始 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/cloudwatch-evidently/
  16. 16. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Amazon CloudWatch Metrics Insightsを発表 • SQLベースのクエリによってリアルタイムに CloudWatchメトリクスの集約やグループ化を⾏え る新機能 • 膨⼤な量のメトリクスからトレンドやパターンを ⾒いだすことが可能になり、運⽤上の問題への対 処が容易になる • 数千のEC2インスタンス群に対してパフォーマンスが悪いものを 抽出する、エラーが発⽣しているインスタンスだけをピックアッ プして関連するメトリクスを出⼒する、といった分析が可能 • 標準SQLでクエリを記述するほかに、GUIベースの クエリエディタが提供される • 全てのAWS商⽤リージョンでプレビュー可能に プ レ ビ ュ ー
  17. 17. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
  18. 18. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Systems Manager Fleet Managerにより マネジメントコンソール経由でのRDP接続が可能に • Windowsインスタンスにマネジメントコンソール経 由でRDP接続が可能に • AWS Systems Manager Fleet Managerでマネージドインスタン スとして登録されている必要がある • EC2インスタンスのポート開放は不要で、リモートサーバ管理がこ れまでよりも容易かつセキュアに • AWS SSOや3rd partyのIDプロバイダーを使⽤して マネジメントコンソールへログインしている場合は、 追加の認証情報不要でインスタンスへ接続できる • 中国2箇所とAWS GovCloud[US]をのぞく、すべて のAWSリージョンで利⽤可能
  19. 19. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
  20. 20. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS ChatbotでSlackでのAWSリソース管理が可能に • AWS Chatbotを介して、Slack ChannelからAWS CLIのコマンドを発⾏し、AWSのリソースを管理 できるようになった • 従来はAWSリソースの情報取得のみが可能で、何らかのアク ションを実⾏することはできなかった • Slack Channelを軸とした”ChatOps”をより容易に実現可能に • セキュリティやコンプライアンスの要求に応じて、 Slackから実⾏可能な操作を定義するProtection Policy機能も提供される • AWS Chatbotが利⽤可能な全てのリージョンで、 パブリックプレビューとして利⽤が可能 AWS Chatbot プ レ ビ ュ ー
  21. 21. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Sustain,Build, or Migrate
  22. 22. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS CFn StackSetが既存スタックのインポートに対応 • 既存の AWS CloudFormation(CFn)スタック を StackSet へインポート可能に • 既存のスタックを再作成することなく、 StackSetによる管理下に⼊れることができる • 個別に展開していたスタックを、リソースの 再作成なしに、そのままStackSet管理に移⾏ できる • アカウントごとにバラバラに管理されていた セキュリティ設定を統⼀管理したい場合などに有効 • インポートの際、StackSetのテンプレートの内容と 既存スタックの構成が⼀致している必要があるので注意 https://aws.amazon.com/about-aws/whats- new/2021/11/aws-cloudformation-import-stack-set/ StackSet テンプレート 個別 Stack 個別 Stack StackSet 管理 StackSet 管理 StackSet 管理 StackSet 管理 StackSet 管理 StackSet 管理 Stack import
  23. 23. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Cloud Development Kit(CDK) v2を発表 • デベロッパープレビューだったAWS CDK v2が⼀ 般提供開始に • プログラミング⾔語(TypeScript, Python, Java, C#, Go)のコー ドでAWS環境を構築・管理できるツールキット • CDK v2では各種の改善を取り込んでいる • Constructライブラリが1パッケージになり、管理が容易に • 実験的(Experimental)なライブラリが別パッケージで管理され、 CDKコード実装の後⽅互換性の確保が容易に • v1のコードは、基本的にライブラリのインポート部分を修正す るだけでv2にアップデートできる • v1から引き続き、コードの変更を即座にデプロイするWatch モードに対応。開発を⾼速化する複数の機能を備える ⼀ 般 提 供 開 始
  24. 24. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. CDK開発者向けのConstruct Hubを発表 • 700を超えるオープンソース化されたCDKのConstruct Libraryを共有・ 検索可能にするポータルサイトを公開 • Constructとは、CDKにおけるある種の部品で、これを組み合わせてシステムを構築する。標 準提供のもののほかに、⽬的に合わせたConstructを利⽤してシステム構築を迅速化できる ⼀ 般 提 供 開 始 https://constructs.dev/
  25. 25. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Sustain,Build, or Migrate
  26. 26. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. EC2 Image Builder を使⽤して、 AMIを AWS Organizations /Organizations Unit と共有することが可能に https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/ec2-image-builder-sharing-amis-aws-organization-units/ EC2 Image Builder とは︖ OS イメージの ビルド / カスタマイズ / デプロイ を容易にする 完全マネージド型サービス。 今回のUpdate: ・イメージビルドパイプラインのディストリビュー ション設定に AWS Organizations の詳細を追加す ることで、AMI 共有を⾃動化可能に ・AWS Organization がパイプラインのディストリ ビューション設定に追加されると、EC2 Image Builder はビルドパイプラインから指定された AWS Organization に新しい AMI を共有する AMIのOUへの共有
  27. 27. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Enable
  28. 28. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. おさらい︓AWS Control Tower=コンフィグジェネレータ AWSのセキュリティサービス群にベストプラクティスに則った設定を投⼊し、 統制を利かせたマルチアカウント環境(Landing Zone)を構成するサービス AWS Control Tower AWS Organizations AWS Single Sign-On AWS Config AWS Service Catalog Landing Zone User AWS CloudFormation AWS CloudTrail etc
  29. 29. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Control Towerでデータ所在地の統制が可能に • AWS Control Towerを利⽤して管理下のアカウン トにデータ所在地に関する統制が可能になった • 予防的統制と発⾒的統制の双⽅の観点で、以下の ような制御を⾏える • 指定したリージョン以外でのリソース使⽤を不可とする、リー ジョン間の通信を不可とする、VPN接続やインターネットアクセ スを不可とする、といった予防的統制(SCPによる制御) • EBSスナップショットが全アカウントからリストア可能になって いないか、ルートテーブルにパブリックルートがないか、といっ た発⾒的統制(Config Rulesによる検知) • 追加費⽤なしで利⽤可能 ⼀ 般 提 供 開 始
  30. 30. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Control TowerがTerraformとの連携を強化 • AWS Control TowerによるAWSアカウント 作成とカスタマイズがTerraformで実⾏可能 に • AWS Control Tower Account Factory for Terraform(AFT)を使⽤することで連携が可能に • AFTはAWS Control Tower管理下のAWSアカウントを 作成し、初期設定を実施。このときにカスタムの Terraformモジュールを呼び出し、さらに必要なカスタ マイズ処理を実⾏できる • Terraform Cloud, Terraform Enteprise, オープンソースのTerraformがサポートされ る • 追加料⾦無しで利⽤可能。AFTがデプロイす るCode Buildなどのリソースの費⽤のみ発⽣ ⼀ 般 提 供 開 始
  31. 31. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Control Tower がネストされた組織単位をサポート https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-control-tower-supports-nested-organizational-units/ AWS Organizations の用語と概念 • AWS Control Tower が AWS Organizations のネ ストされた組織単位 (OU) をサポート • ネストされた OU をサ ポートすることで、 Control Tower 環境のアカ ウントをツリー状の階層 構造で簡単に整理し、統 制することが可能
  32. 32. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Enable
  33. 33. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Resilience Hubの⼀般提供開始を発表 • アプリケーションのレジリエンス(回復性)を定 義し、検証、追跡するための新しいサービス • 事前に定義したRTO/RPOを満たしているかを検証 できる • ⾃動的に評価を実⾏し、推奨する改善策(アラームやSOP、テス ト)を提⽰ • AWS Fault Injection Simulator と連携したテストとCICDへの 組み込み • レジリエンススコアの⽣成 • 東京、バージニア、オハイオ、オレゴン、シンガ ポール、アイルランド、フランクフルトにて利⽤ 可能
  34. 34. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Enable
  35. 35. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Well-Architected Sustainability Pillerを発表 • AWS Well-Architected Frameworkは、アーキテ クトが優れたクラウドインフラストラクチャを設 計するためのベストプラクティス集 • 新たなPiller(柱)としてSustainabilityを追加するこ とを発表 • 持続可能性を⽬標に設定する組織が増えてきており、その実現に 向けたベストプラクティスを集積 • クラウドでのワークロードを実⾏する際の環境へのインパクトを 最⼩化するため、リソース利⽤率の向上によって必要リソース量 を削減するといった概念が含まれる • セキュリティ、コスト、パフォーマンス、信頼性、運⽤性といっ た要素と、持続可能性のバランスを取った意思決定を⾏う指針に ア ナ ウ ン ス
  36. 36. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Well-Architected Reviewをカスタマイズ可能に • Well-Architected Toolに独⾃の柱(Piller)や質問を 追加するCustom Lens機能が追加された • Well-Architectedを活⽤しているお客様の多くは、AWSの推奨 事項に加えて独⾃のベストプラクティスを持っている • Custom Lens機能によって、⾃組織特有のチェック項⽬につい てもWell-Architected Toolでレビュー・管理を実⾏可能に • 内容はJSONで定義する • Custom Lensは複数のAWSアカウントで共有し、 組織横断的に活⽤することができる • マネジメントコンソールからCustom Lensを追加 し、利⽤できる。Well Architected Toolが利⽤可 能な全リージョンでご利⽤可能 ⼀ 般 提 供 開 始
  37. 37. Thank you! © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
  38. 38. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.
  39. 39. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS SDKが新たに3つの⾔語に対応 • AWS SDK for Swift • 268のAWSサービスに対応 • iOS, macOS, Linuxをサポート。tvOS, watchOS, Catalyst, Windowsについては今後対応予定 • AWS SDK for Kotlin • 284のAWSサービスに対応 • AWS SDK for Rust • 288のAWSサービスに対応 • いずれもいち早く使ってみたいと考える開発者向 けのデベロッパープレビュー。評価⽬的での利⽤ に限られる プ レ ビ ュ ー
  40. 40. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. CodeGuru Reviewerが機密情報の埋め込み検知に対応 • コードレビューを⾃動化するAmazon CodeGuru Reviewerで、機密情報の埋め込みを検知すること が可能に • ソースコードや設定ファイルに、パスワード、APIキー、SSH キー、アクセストークンがハードコーディングされていることを 検知し、改善を提案する • 機密情報の埋め込みはセキュリティ事故の原因になりえるため、 問題を検知・対処すべき。AWS Secrets Managerで安全に管理 し、必要な時に読み出して使う⽅法をガイド • 現時点ではPythonとJavaのコードに対応 • CodeGuru Reviwerが使⽤できる全てのリージョ ンで、追加費⽤なしでご利⽤可能 ⼀ 般 提 供 開 始
  41. 41. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Red Hatのナレッジベースに直接アクセスが可能に • Amazon EC2でライセンス込みのRed Hat Enterprise Linuxを実⾏している時に、利⽤者が 直接Red Hatのナレッジベースにアクセス可能 • AWS Systems ManagerのFleet Manager画⾯にあるリンクか らアクセス • Red Hatが提供する技術課題に関する記事や、よ くある質問(FAQ)、ベストプラクティスにセルフ サービスでいつでもアクセス可能に • 中国2箇所を除く全てのAWS商⽤リージョンにて
  42. 42. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS IoT Greengrassの機能強化 • AWS Systems Managerのエージェントが Greengrassのコンポーネントとして提供され、 エッジデバイスの管理が容易に • OSアップグレードやメンテナンスなどをSystems Managerを利 ⽤してスケジュールし、実⾏することが可能に • EC2インスタンスなどのバックエンド側と、エッジデバイス側を 統⼀されたUIやポリシーで管理できるようになった • Greengrass Software Catalogを発表 • コミュニティで開発されたGreengrassのソフトウェアコンポー ネントを集めたもので、独⾃に開発することなく、素早くエッジ アプリケーションを⽴ち上げることが可能になる • Amazon KVSへのストリーミングはModbus TCPのサポートな ど、様々なコンポーネントが利⽤可能。本番環境で利⽤する前に は動作テストが必要な点には注意 https://github.com/aws- greengrass/aws-greengrass- software-catalog ⼀ 般 提 供 開 始
  43. 43. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Amazon Inspectorの刷新を発表 • Amazon Inspectorが再設計され、継続的な脆弱 性管理とリアルタイムに近い速度での脆弱性検知 が可能になった • クリックひとつで組織全体に対して有効化でき、 ソフトウェアの脆弱性や意図せずネットワークア クセスが可能な状態を継続的にスキャンする • Amazon EC2インスタンスだけでなく、Amazon ECRに格納さ れたコンテナイメージについてもスキャン可能 • EC2インスタンスの脆弱性スキャンにはAWS Systems Managerのエージェントを利⽤する • 東京をはじめ19のリージョンで⼀般提供開始。15 ⽇間の無料試⽤もご⽤意 ⼀ 般 提 供 開 始
  44. 44. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Managed Microsoft ADでCloudWatch対応を強化 • AWS Directory Service for Microsoft Active Directory(AWS Managed Microsoft AD)が CloudWachへの対応を強化 • ドメインコントローラとディレクトリの利⽤率に ついてのメトリクスをCloudWatchで監視可能に • CPU、メモリ、ディスク、ネットワークの利⽤率 • DNSとディレクトリのRead、Write • これらのメトリクスを確認することで、ドメイン コントローラの追加の要否が数値で判断できる • 中国を除いた全てのAWS Managed Microsoft AD が利⽤できるリージョンにて⼀般提供開始 ⼀ 般 提 供 開 始 AWS Managed Microsoft AD Amazon CloudWatch
  45. 45. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. その他アップデートリンク集 CloudFormation StackSetsで同時実⾏の複数操作送信が可能に https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-cloudformation-stacksets-operations-execution/ CloudFormation Registryに34の新しいリソースタイプを導⼊ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/new-resource-types-cloudformation-registry/ Amazon EKS が AWS CloudFormation を使⽤して追加のクラスター設定オプションのサポートを追加 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-eks-cluster-configuration-aws-cloudformation/ Amazon MemoryDB for Redis が AWS CloudFormation のサポートを開始 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-memorydb-redis-aws-cloudformation/ AWS Service Management Connector は、 ServiceNow のガイド付きセットアップで簡単にインストール https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-service-management-connector-installation-easier-servicenow-guided-setup/ AWS Compute Optimizer がリソース効率性メトリクスを提供 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-compute-optimizer-resource-efficiency-metrics/ AWS Compute Optimizer が EC2 レコメンデーションの新機能である強化されたインフラストラクチャメトリクスを提供開始 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-compute-optimizer-enhanced-infrastructure-metrics-ec2-instances/ AWS Launch Wizard now provides guided deployment of Remote Desktop Gateway https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/12/aws-launch-wizard-guided-deployment-remote-desktop-gateway/ AWS Launch Wizard now provides guided deployment of Amazon EKS https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/12/aws-launch-wizard-guided-deployment-amazon-eks/
  46. 46. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. その他アップデートリンク集 AWS Systems Manager now supports application-level cost reporting https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/12/aws-systems-manager-application-level-cost-reporting/ Amazon Managed Grafana が Amazon Athena および Amazon Redshift データソースと Geomap の視覚化のサポートを追加 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-grafana-athena-redshift-data-sources-geomap/ AWS Proton で、インフラストラクチャをプロビジョニングする Terraform Open Source のサポート開始 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-proton-terraform-infrastructure/ Amazon EC2 Auto Scaling がカスタムメトリクスを使⽤した予測スケーリングのサポートを開始 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-ec2-auto-scaling-predictive-scaling-custom-metrics/ Amazon ECS が AWS Distro for OpenTelemetry との新しい統合を発表 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-ecs-new-integration-aws-distro-opentelemetry/ Amazon CloudWatch Lambda Insights が、AWS Graviton2 プロセッサによる AWS Lambda 関数のサポートを開始 (⼀般使⽤可能) https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-cloudwatch-container-insights-console-amazon-cloudwatch-application-insights- problems/ Management and Governance Lens Updated with new guidance throughout. https://docs.aws.amazon.com/wellarchitected/latest/management-and-governance-lens/document-history.html Hybrid Networking Lens first published https://docs.aws.amazon.com/wellarchitected/latest/hybrid-networking-lens/document-history.html Amazon S3 Storage Lens メトリクスが Amazon CloudWatch で利⽤可能に https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-s3-storage-lens-metrics-cloudwatch/
  47. 47. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. その他アップデートリンク集 Games Industry Lens Whitepaper first published. https://docs.aws.amazon.com/wellarchitected/latest/games-industry-lens/document-history.html Amazon CloudWatch now supports anomaly detection on metric math expressions https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-cloudwatch-supports-anomaly-detection-metric-math-expressions/ ServiceNow 向け AWS Service Management Connector が AWS Systems Manager Change Manager をサポート https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-service-management-connector-servicenow-supports-aws-systems-manager-change- manager/ AWS Service Management Connector は、 ServiceNow のガイド付きセットアップで簡単にインストール https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-service-management-connector-installation-easier-servicenow-guided-setup/ AWS が AWS AppConfig 機能フラグのリリースを発表 (プレビュー) https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-appconfig-feature-flags-preview/ Amazon CloudWatch Container Insights adds console support for visualizing workload issues and problems via Amazon CloudWatch Application Insights problems https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-cloudwatch-container-insights-console-amazon-cloudwatch-application-insights- problems/ AWS Amplify が、Amplify で作成したバックエンドに CDK と CloudFormation を使ってカスタム AWS リソースを追加する機能を発表 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-amplify-custom-aws-resources-amplify-created-backends-cdk-cloudformation/ AWS App Runner がアプリケーションの構築とデプロイのための AWS CDK のサポートを開始 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-app-runner-aws-cdk-build-deploy-applications/ Amazon CloudWatch アプリケーションインサイトを使⽤して SAP HANA データベースを確認する https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-cloudwatch-insights-sap-hana-databases/ AWS Amplify が CDK を使⽤して Amplify で⽣成されたリソースをオーバーライドする機能を発表 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-amplify-override-amplify-generated-resources-cdk/
  48. 48. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Introducing 34 new resource types in the CloudFormation Registry https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/new-resource-types-cloudformation-registry/ AWS CloudTrail announces ErrorRate Insights https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/aws-cloudtrail-announces-launch-errorrate-insights/ AWS Security Hub adds three new FSBP controls and three new partners https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/aws-security-hub-three-new-fsbp-controls-partners/ Amazon EKS が AWS CloudFormation を使⽤して追加のクラスター設定オプションのサポートを追加 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-eks-cluster-configuration-aws-cloudformation/ AWS Control Tower now supports concurrent operations for detective guardrails https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/aws-control-tower-concurrent-operations-detective-guardrails/ AWS CDK が AWS App Runner 向けの⾼レベル API および Amazon ECS、AWS Step Functions のホットスワップをサポートする v1.126.0 - v1.130.0 をリリース https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/aws-cdk-new-releases-api-apprunner-hotswap-amazon-ecs-step-functions/ AWS CloudTrail が ErrorRate Insights を発表 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-cloudtrail-announces-launch-errorrate-insights/ AWS Systems Manager の Incident Manager が、新たに 7 つの AWS リージョンで利⽤可能に https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/aws-systems-manager-incident-manager-7-regions/ Amazon EC2 での Windows Server および SQL Server アプリケーションの新しいライセンスタイプの切り替え機能を AWS が発表 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-switch-license-windows-sql-server-ec2/ AWS Fault Injection Simulator は Amazon CloudWatch アラームと AWS Systems Manager Automation Runbooks のサポートするようになりました。 https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2021/11/aws-fault-injection-simulator-amazon-cloudwatch-alarms-automation-runbooks/ Amazon MemoryDB for Redis が AWS CloudFormation のサポートを開始 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-memorydb-redis-aws-cloudformation/ その他アップデートリンク集

×